ここから本文です
趣味の部屋
ミニカー、B'z、ガンダムなど…
ご無沙汰の更新です。


今回は、先日発売されたトミカ 「シボレー カマロ」のカスタム作品「エクソシスト」の紹介です。

イメージ 1








トミカの新型カマロは、通常版が黒の「ZL1」、初回版が赤の「SS」と異なるグレード・形状で発売されました。

イメージ 2

イメージ 3


カマロといえば、映画トランスフォーマーで愛嬌あるキャラで人気のバンブルビーが変形する黄色いカラーが有名ですね。

イメージ 4








V8エンジンを積んだ「SS」を軽量化とスーパーチャージャーの搭載で強化したハイパフォーマンスモデルが「ZL1」です。


そして!


イメージ 5

600馬力以上を誇る「ZL1」を、米チューニングメーカーのヘネシーが1000馬力の化け物にしてしまったのが「エクソシスト」になります。



禍々しい名前には理由がありまして、先に発表されたライバル車である「ダッジ チャレンジャーSRTデーモン」の対抗馬として「悪魔祓い」という名前を付けたわけです。

日本でやったら叩かれそうな名前ですね。
こういうの好きです笑






前置きが長くなりましたが、カスタムトミカの紹介です。


「ZL1」と「エクソシスト」の外観上の違いですが、赤のストライプとリアのエンブレム追加しかありません。

イメージ 6


なのでマスキングして塗るだけの超お手軽カスタムとなっています。

イメージ 7


さすがに細かいストライプまでは再現できませんでしたが、赤のアクセントが入るだけで印象が変わったと思います。




イメージ 8


以上、カマロ エクソシスト の紹介でした。

この記事に

週末の雨続きでドライブに行けない日が続いたため、久しぶりにトミカをカスタムしました。


インプレッサスポーツ&G4です。

イメージ 1





私の愛車でもあるインプレッサスポーツ。

イメージ 2


通常版がセダンのG4、初回版はハッチバックと異なる金型で発売されたトミカです。

ボンネット開閉ギミックがあり、エンジンルームのモールドが細かく再現されているので、それを活かしてよりリアルに改造しました。



改造前と比較。

イメージ 3



開閉ギミックのアームを削り取り、ボンネット裏のデッドニング材をプラ板で製作しました。
エンジンルームの細部を塗装し、ボンネットステーを製作して固定。

ボンネットが開いた状態で固定のディスプレイモデルとして完成させました。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 9




バラしたついでにホイールも交換しました。




使用したのは同じくトミカですが、「トミカプレミアム」シリーズから。

イメージ 10



トミカプレミアムは通常のトミカと異なり、車種ごとの専用ホイールが与えられ細部もよりリアルな作りになったコレクター向けアイテムです。
価格もちょいと高め。

イメージ 11


リアルかつタイヤがゴムではなくプラスチック製のためトミカらしさを残しつつ、さらに長期保管時のゴムの劣化・変形も気にせずに済む、まさに「俺得」のタイヤです。



「スポーツ」はGT-R R34から流用。

イメージ 6



「G4」はGT-R R34 Z-tuneから流用。

イメージ 7



どちらもフェンダーとツライチに揃え、車高も下げてクリアランスを少なくしました。
タイヤは回らずサスペンションのギミックもなくなりましたが、少しキャンバー角も付いてカッコ良くなりました。






これらのカスタムにはトミカの裏側にある「カシメ」を外し、バラす必要があります。
さらにトミカのホイールには大きさや幅の種類があるため、今回のインプレッサはシャシーの加工が必要でした。


イメージ 8


今回は割愛しますが、そのうち改造方法についても紹介したいと思います。




以上、カスタムトミカの紹介でした。

イメージ 12

この記事に

レゴ・CR-X

かなりご無沙汰の更新となります!
すみません!

休日といえばドライブになってしまいほとんどLEGOに触れていませんでした。


さて


巷では「C-HR」なる車がヒットしていますが今回の作品は違います。









イメージ 1

ホンダ 「CR-X」


並びに・・・


イメージ 2

ホンダ 「CR-Xデルソル」


です!!



以前、同じくLEGO4幅車として「CR-Z」を作りましたが、そのご先祖さまとも言える車です。

個人的にはS2000に次いで好きなホンダの車になります。




まずは「CR-X」から


イメージ 3


特徴的なリアウインドウの傾斜はクリップを使い再現しました。
モデルとしたのは「サイバースポーツ」と呼ばれた2代目?です(そんなに詳しくないので間違ってたらすみません)。

イメージ 4


当時の流行り?ぐるりと回った黒いモールが映えるよう、白いボディカラーにしました。
後部が切り立った特徴的なスタイリングをうまく再現できたと思います。




続いて「CR-Xデルソル」


イメージ 5


オープントップが特徴のモデルです。
インパクトある開閉ギミックを再現すべきか悩みましたが、今回は付け替え方式にしました。

イメージ 6


後から調べて知ったのですが、アルミ製のルーフを手動で取り外す仕様があるそうですね。
ではそっちの再現ということで!
完璧だ!!笑



以上、「CR-X」の紹介でした。

更新の頻度はかなり落ちますが、LEGOをやめた訳ではありません。
細々と続けてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ではでは

この記事に

最近の出来事

ご無沙汰の投稿です。

このところ週末は毎日車でぷらぷらしており、全くといっていいほどLEGOをいじっておりません(すみません

どこに行くとか目的もなく、近所をのんびりB'zを聴きながら走り続けるだけなのですが、それだけで幸せだなぁと感じています。
ハンドルを触っているだけでも幸せです。
玄関を出て、裏の駐車場に停まる愛車を見るだけで幸せです。




さて、




もともと、当ブログはミニカーやLEGOの作品を投稿するために始めたものだったので、ふと棲み分けをしようと思い立ち、車に特化したSNSの「みんカラ」を始めました。

車に関する投稿は「みんカラ」に完全移行しようと思っていたのですが・・・





慣れないので使いにくいです笑





当ブログは引き続き、主にLEGO作品を投稿していくつもりですが車に関する投稿も続くと思います。
なんだか中途半端になってしまっていますが、よろしくお願い致します。





さてさて←








愛車についにカーナビが付きました!

イメージ 1



人生で初めてのカーナビです笑
家族の車にもカーナビは今まで一度もついたことがありませんでした。


埼玉は福島に比べ道も複雑で、遠出するにも大変だろうと思い、購入に至りました。





もともとサイドシルスポイラーを買うために貯めていた予算を見直すことになり、ナビの購入を早めました。

納車時に取り付けたディーラーオプションのオーディオは無駄になりましたが、ナビのおかげで道も覚えやすく快適になったので、とても満足です。



また、ナビの取り付けをディーラーさんにお願いしたついでにホイールのSTIエアバルブキャップを購入しました。

イメージ 2


アルマイト加工のシルバー色で、純正16インチとの相性もピッタリです。


小さな変化ですが個人的に大満足です(値段は高かった・・・)。






ではでは。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事