エネルギーと技術の世界

エネルギーと環境の技術/ビジネスについてお届けします。

エネルギーニュース

すべて表示

「中部電力」「マレーシア サバのバイオマス発電に出資」(Yahoo News 2006年7月31日)

(ニュースの概要) 中部電力は28日、マレーシアのサバ州サンダカンで計画されている パームヤシ殼を燃料とするバイオマス発電事業に参画すると発表した。 バイオマスを使うことで通常の炭化水素で排出されていた二酸化炭素を 減らすことができる。その分、全量をCO2排出権として取得する方針。 発電所建設予定>> 出力1万キロワット規模の発電所が2カ所建設される予定で、 2012年までに二酸化炭素(CO2)排出量約200万トンの削減を見込まれている。   >>同事業で得られた電力 サバ・エレクトリシティ(SESB)が21年間にわたって購入する。 >>燃料となるパームヤシ殼の使用量 1地点で年17万トンとしている。 (ひとことコメント) 東南アジア各国では原油高の影響ですべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

バイオ燃料

2006/8/30(水) 午後 11:08

サトウキビやヤシなど植物からつくる燃料。代表的なものは軽油代替の バイオディーゼル燃料とガソリン代替のバイオエタノール。 ともに原料の食物自体が生育課程で二酸化炭素を吸収していることを 踏まえ、温暖化ガス削減を目指す京都議定書ではC02排出量ゼロとみなされている。

http://www.jhfc.jp/index.html JHFCとは、燃料電池車に代表される水素エネルギー社会の実現に向け、 経済産業省が立ち上げた水素・燃料電池の実証プロジェクト。 現在の燃料電池の実証データ収集などの取り組みが分かりやすく紹介 されています。 お勧めはTV JHFC。20分で現在のJHFCの燃料電 ...すべて表示すべて表示

定置用燃料電池

2006/8/30(水) 午後 11:05

熱(温水)と電力を同時に供給することで高いエネルギー効率および 二酸化炭素削減を実現できるコジェネレーションシステムとして 大きな期待が寄せられている。



.


みんなの更新記事