環境問題補完計画

(現在、更新しておりません)

当ブログの目的

すべて表示

いらっしゃいませ

「環境問題」について、世のなかで極論や適当な数値が出回っています。
例えば……、
「IPCC報告書によると100年後に6.4度の上昇」「実は温暖化なんてウソ」
「温暖化の原因は二酸化炭素じゃない」「温暖化したために、二酸化炭素が増えた」
「温暖化した方が良いんだよ」「北極の氷が溶けても海面は上昇しない」…などなど。

 なので、じゃあ、上記の事って、どんな情報を元に、どんな考えで書かれているのか、何が妥当なんだろう?ということを書いていこうと思っています。

環境・自然系一般公開イベントなどのご案内

私が発表するものではありませんが、近日開催される一般に公開されている自然関連の講演会のご案内です。興味のある方は、どうぞ。更新出来るときに更新していきます。


各大学・機関のイベント紹介ページ
森林総合研究所イベント一覧
国立環境研究所
気象庁

現在、カテゴリを整理中です(2013.10)



注:
宣伝コメントはリンク先を見もせずに即刻削除致します。あしからずご了承ください。
また、記事のトピックと関係性の伺えないコメントについても、同様に対処致します。
主語が無くて意味理解不能なコメントなど、コミュニケーションの質を落とす書き込みも予告無く削除および修正いたします。


その他の最新記事

すべて表示

否定論同士の論戦はないのかな?

2013/10/15(火) 午後 10:48

見てみたいけど、内容を伴わないであろう気候変動の「否定論」論争 デスマッチA 「温室効果はすでに飽和しており、これ以上二酸化炭素が増えても温暖化しない」否定論 vs 「昔は、二酸化炭素濃度が高く、今よりももっと気温の高い時代があった」否定論 (CO2濃度が高い時期はもっと高温であった) vs 「自然変動はもっと大きかった ...すべて表示すべて表示

地球温暖化に対する否定論(所謂懐疑論)ですが、しばらくご無沙汰していた間に、世間ではいろいろ広まっているようです。今後精査していくとして、目についた、いくつか気になるものを挙げておきます。 こういうのに取り組む動機なんだけど、結局、曲解を広める手合いが自分は嫌いなんだろうな。 池田清彦@AERA系 ざっと見た感じ、海外の温暖化に否定的に ...すべて表示すべて表示

IPCC AR5 WG1のfull...

2013/10/6(日) 午後 0:54

IPCC AR5 WG1のfull reportのdraftが9/30に公開されていましたね。ゴタゴタしてて、それどころじゃなかったからね。 ↓ full report ついでに、 SPMの日本語訳 も出てます。 にほんブログ村 地球・自然環境 ←クリックよろしくお願いします



.


みんなの更新記事