坂道猫散歩

ブログを引越ししました^^;旧ブログへのコメント等、本当にありがとうございましたm(_ _)m

好きな建物

すべて表示

昭和8年文化住宅・旧高田邸

旧高田邸。

国立の住宅街に昭和4年に建築された医学博士であり執筆活動もされて
いた文化人・高田義一郎氏のご邸宅であった。

文献も展示されており昭和初期の装丁が素敵だ。

イメージ 1

画像の『趣味の医学夜話』は近代デジタルライブラリーで読む事ができるが
装丁は実物ではないと知りえない。

郊外住宅にふれている個所があった。
住宅持つ上での環境、外観、設備等について郊外型・都市型書かれており
郊外に邸宅を持つデメリット部分を解消する考え方がつらねられていた。

以下、一部抜粋

-赤瓦の屋根があっても、郊外に建ってゐても、内容や場所の選定が無方針であれば、
文化住宅といふにふさはしくないものなのではかからうか?
近代七不思議には、こんなことを指示してよくはないか!-

医師という肩書きから想像していた人物と文章のユニークさにギャップがあった。

この本が刊行されたのは昭和4年である。

邸宅が建てられる前の著書となる。

一文からは推測出来きれないが住宅に対する思いを集結した建物ではないかと感じる。
当時では珍しい石炭の暖房器具が導入されており、ディティールにもモダンデザインを
施しシンプルでありつつ、芸術的に素晴らしい建築であった。

イメージ 2


解体される憂き目にあう建物の見学、という場面に遭遇する度に感じる消失感に今回は苛まされなかった。

それは、この旧高田邸を愛しフィナーレを飾るために立ち上がった旧高田邸プロジェクト実行委員会の方々
の活動があったからだと感じた。

ご尽力頂いた方々に敬意を表します。


.


みんなの更新記事