エンジニア★流星群 @Tech総研

リクナビNEXT/Tech総研がお送りする、小ネタあり、マンガありのエンジニア向け転職系ブログ

全体表示

[ リスト ]

みなさん、こんにちは。
秩父鉄道をクローズアップして取り上げている短期集中連載の第3回目の今回、こちらを紹介したいと思います。


イメージ 1


秩父鉄道の中心駅のひとつ、秩父駅が見えてくるとそこには西武鉄道の電車が(4000系)。
これは西武鉄道の西武秩父線から秩父鉄道に乗り入れてきた車両。
さらに秩父駅から一つとなりにある「御花畑駅」に進むと、駅の手前から分岐した複線分の線路のうち、左側の線路が枝分かれしていく様子がわかります。


イメージ 6  イメージ 7


もう少し進むと、左側に見えてくるのが西武鉄道の西武秩父駅のホーム。


イメージ 8  イメージ 9


こんな山奥に西武の駅があるのも、普段新宿や池袋で利用している私にとっては新鮮な印象です。
ここには池袋からの特急ちちぶ号(10000系ニューレッドアロー)が来るわけですが、私の場合、どちらかというと初代レッドアロー号の5000系が非常に強い印象を持っています。
今は富山地方鉄道で第二の人生を歩んでいますが、6連のヘッドライトと銀と赤のマスクが強烈な存在感を出していたのが、記憶に残っています。

・・・と少し話が逸れましたが、都心部ではよく見かける相互乗り入れとは違い、西武鉄道だけの片乗り入れですが、両社の線路がこんな小さな駅でしっかり結びついている様子を見るのは、なんだか心あたたまる気持ちに…。

考えてみると、秩父鉄道〜西武秩父線〜西武池袋線〜東京地下鉄副都心線経由で渋谷まで1本でつながっているんですよね。しかも2012年には、東急東横線ともつながるので、みなとみらい線の元町・中華街駅までもつながってしまうことに。
ぜひ願わくば、この秩父から東京の都心を経て、海の見える横浜へつながる特急電車が運行されたら・・・などと妄想が広がります。

・・・とそんなことを思っていたら、終点の三峰口駅に到着。


イメージ 10  イメージ 11

イメージ 2  イメージ 3

イメージ 4  イメージ 5


駅の構内には、年季の入った水洗場や、山奥の駅ならではの薪と暖炉が。
そして駅の奥には、なんと鉄道公園が。
続きは次回。




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事