エンジニア★流星群 @Tech総研

リクナビNEXT/Tech総研がお送りする、小ネタあり、マンガありのエンジニア向け転職系ブログ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

みなさん、こんにちは。
秩父鉄道をクローズアップして取り上げている短期集中連載の第4回目の今回、終着駅の三峰口駅にたどり着いたその先に構える、「秩父鉄道車両公園」を取り上げたいと思います。


イメージ 1  イメージ 2


今回はあえて、画像をメインにお伝えしたいと思います。


イメージ 11  イメージ 29

イメージ 21


まず目に飛び込んでくるのが、この転車台。今回は乗車できませんでしたが、SL「パラオエキスプレス」が運行時、この転車台でSLを動かす様子も見ることができます。

そしてその先には、数々の電車・機関車・貨車たちが・・・


イメージ 30  イメージ 31

イメージ 32  イメージ 33

イメージ 34  イメージ 3

イメージ 4  イメージ 5

イメージ 6  イメージ 7

イメージ 8  イメージ 9

イメージ 10  イメージ 12

イメージ 13  イメージ 14  イメージ 15

イメージ 16  イメージ 17

イメージ 18  イメージ 19

イメージ 20  イメージ 22

イメージ 23  イメージ 24

イメージ 25  イメージ 26

イメージ 27  イメージ 28


画像掲載数が上限に達してしまったので、次回に分けて掲載します。


みなさん、こんにちは。
秩父鉄道をクローズアップして取り上げている短期集中連載の第3回目の今回、こちらを紹介したいと思います。


イメージ 1


秩父鉄道の中心駅のひとつ、秩父駅が見えてくるとそこには西武鉄道の電車が(4000系)。
これは西武鉄道の西武秩父線から秩父鉄道に乗り入れてきた車両。
さらに秩父駅から一つとなりにある「御花畑駅」に進むと、駅の手前から分岐した複線分の線路のうち、左側の線路が枝分かれしていく様子がわかります。


イメージ 6  イメージ 7


もう少し進むと、左側に見えてくるのが西武鉄道の西武秩父駅のホーム。


イメージ 8  イメージ 9


こんな山奥に西武の駅があるのも、普段新宿や池袋で利用している私にとっては新鮮な印象です。
ここには池袋からの特急ちちぶ号(10000系ニューレッドアロー)が来るわけですが、私の場合、どちらかというと初代レッドアロー号の5000系が非常に強い印象を持っています。
今は富山地方鉄道で第二の人生を歩んでいますが、6連のヘッドライトと銀と赤のマスクが強烈な存在感を出していたのが、記憶に残っています。

・・・と少し話が逸れましたが、都心部ではよく見かける相互乗り入れとは違い、西武鉄道だけの片乗り入れですが、両社の線路がこんな小さな駅でしっかり結びついている様子を見るのは、なんだか心あたたまる気持ちに…。

考えてみると、秩父鉄道〜西武秩父線〜西武池袋線〜東京地下鉄副都心線経由で渋谷まで1本でつながっているんですよね。しかも2012年には、東急東横線ともつながるので、みなとみらい線の元町・中華街駅までもつながってしまうことに。
ぜひ願わくば、この秩父から東京の都心を経て、海の見える横浜へつながる特急電車が運行されたら・・・などと妄想が広がります。

・・・とそんなことを思っていたら、終点の三峰口駅に到着。


イメージ 10  イメージ 11

イメージ 2  イメージ 3

イメージ 4  イメージ 5


駅の構内には、年季の入った水洗場や、山奥の駅ならではの薪と暖炉が。
そして駅の奥には、なんと鉄道公園が。
続きは次回。



みなさん、こんにちは。
前回、熊谷駅から秩父鉄道のホームに乗り換えた様子を紹介しました。
今回、急行「秩父路」に乗り込み、終点の三峰口へ向けて発車します。
駅を離れてしばらくすると、関東平野の真ん中を一直線に単線の線路が突っ切り、線路の両側には桜の木や「深谷ねぎ」などの畑が一面に広がるのどかな風景が展開されます。


イメージ 1


さらに進むと、今年運行を始めたばかりの元東急8090系、現秩父鉄道7500系車両が


イメージ 2


今回は残念ながら乗車できませんでしたが、従来の車両と合わせてまた一段とにぎやかになりましたね。
そしてさらに進み、「小前田」という駅のホームで、秩父鉄道最大の名物である「セメント列車」を発見。


イメージ 3  イメージ 4


この「ヲキ」というのが、セメントの原料である石灰石を運搬するための貨車。
秩父鉄道の沿線にある「武甲山」で産出される石灰石を運ぶため、現在でもかなりの頻度で運行されています。
そしてさらに西に進むと、「太平洋セメント」と記された巨大な建物が目に飛び込んできました。


イメージ 5  イメージ 6

イメージ 7  イメージ 8


まさにここで、石灰石がヲキに積載され、電気機関車に牽引されて熊谷方面にあるセメント工場に運ばれて行くわけです。
最近の貨物列車というと、色鮮やかなコンテナ車が主流。かなりスマートな出で立ちで、それはそれで見ごたえはあるわけですが、こうした積載物が"丸出し"の状態で黒塗りの貨車に運ばれて行く様を間近で見ると、鉄道の原点を再発見したような気になります。

前回紹介したような、年季の入った電車をチェックするのもいいのですが、それ以上にお勧めしたいのは、ヲキが連なって進んでいく様を間近で見ること。これを体験するだけで、かなりの鉄分補給をスピードチャージできるはずです。

ちなみにオフショットとして、こちらの画像も。


イメージ 9


車掌室つきの「ヲキフ」です。
次回は、いよいよ秩父の奥地へ。



みなさん、こんにちは。

しばらくブログ更新をご無沙汰してしまい、申し訳ありません。
いわゆる「年末進行」という毎年恒例行事にやられてしまい、すっかり鉄分不足に陥ってしまいました。
そこで12月末、ようやく一区切りついたタイミングで鉄分補給すべく、ある所に向かいました。

それは「秩父鉄道」。
埼玉県の羽入駅から熊谷駅・秩父駅などを経て三峰口駅までの71.7kmの秩父本線と、途中の武川駅〜熊谷貨物ターミナル駅を結ぶ貨物線を運営しています。
今回は新宿駅から湘南新宿ラインで熊谷駅まで向かい、そこから「一日乗車券」を使って終点の三峰口駅を目指しました。


イメージ 1


熊谷駅に到着後、JRから秩父鉄道の改札を通り抜け、ホームに降り立つとまさに「昭和のレトロ感」が満載の光景が・・・


イメージ 2  イメージ 3

イメージ 4


さらに電車に目をやると、懐かしの彼らたちが・・・


イメージ 5  イメージ 6


国鉄新性能電車第一号の旧101系や、都営地下鉄の旧6000形たち。いずれも車歴40年は優に超える「天然記念物」的な存在。
その中で私を迎えてくれたのは、旧西武鉄道新101系で、現在は急行「秩父路」として活躍している6000系電車。


イメージ 7  イメージ 8

イメージ 9  イメージ 10


2扉クロスシートで、中央部分のみ他より一回り大きな一枚窓と、ボックス型の配置になっている、まさに急行仕様。
乗車には200円の急行券が必要なのですが、これも今では珍しくなった硬券。

都心からわずか1時間余りで、一気にタイムスリップした秩父鉄道に乗り込み、準備は万全。次回は思う存分、鉄分補給してきた様子をレポートします。



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事