エンジニア★流星群 @Tech総研

リクナビNEXT/Tech総研がお送りする、小ネタあり、マンガありのエンジニア向け転職系ブログ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

みなさん、こんにちは。
秩父鉄道をクローズアップして取り上げている短期集中連載。今回が最終回です。
再び急行「秩父路」に乗り込み、一気に寄居駅まで戻ることに。


イメージ 1  イメージ 2

イメージ 3


そしてこの寄居駅、私が好きな駅の一つでもあります。
秩父鉄道が真ん中、その両サイドには東武東上線とJR八高線が並んでいるのですが、どれもローカル色が色濃く出た、地方都市のターミナル駅といった雰囲気。


イメージ 4


東武東上線も、池袋口は10両編成の通勤電車が頻繁に行きかう都会路線ですが、終着駅であるこの寄居駅近辺は本数も編成数も少なく、静かな時の流れを感じます。
一方、JR八高線も1時間に1本ペースで、主に2両編成のキハ110系のディーゼルカーが運行されている、千葉県の久留里線と双璧をなす、東京近郊の非電化ローカル線。
それらに比べれば、秩父鉄道は急行やSLも運行される「主役級」の存在。JR・東武という日本を代表する鉄道よりも大きな存在感を示しているここ寄居駅での秩父鉄道は、非常に貴重な存在と言えるでしょう。

以上、こうして秩父鉄道めぐりの旅は無事終了。この1日でかなりの鉄分補給ができました。
今回の旅で、改めてローカル線ならではの魅力を思う存分味わったことで、また近々、別のローカル線を取り上げたいと思います。
それでは八高線のディーゼルカーが到着したところで、締めさせていただきます。


イメージ 5



イメージ 1  イメージ 2

イメージ 3  イメージ 4  イメージ 5

イメージ 6  イメージ 7


数が多すぎて、一つ一つを詳細に説明するのが難しい(本音はよくわからないものばかり・・・)なので、実際に足を運んでみてもらえたらと思います。

しかしどの車両にも通じるのは、「鉄の匂いと手触り」を体感できるということ。
いまどきこうしたメカニックに触れる機会は、特に一般人ならかなり少なくなっているはずです。
でもには鉄のよさがある。
無機質であるはずの鉄が、なぜか触れるとぬくもりを感じる不思議な感覚。
そこに鉄の魅力のすべてが詰まっているような気がします。
秩父の奥地でひっそりと佇むこの車両たちに出会いだけで、貴重な価値がある。
ぜひ、今度は鉄分不足の仲間たちを、この場所に誘いたいと思います。



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事