エンジニア★流星群 @Tech総研

リクナビNEXT/Tech総研がお送りする、小ネタあり、マンガありのエンジニア向け転職系ブログ

[転] システム開発

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1  こんにちは、スカイライン.です。
  もうひとつ、2回目の転職での大きなメリットは、収入アップです。

  「案件を勝ち取ったらインセンティブ」という方式は、
  前の外資系企業と変わらないのですが、
  今回はインセンティブの方式が違うのです。
  前は1案件につき○万円、という形で、案件内容によらず、
  報酬額は決まっていました。


インセンティブを上げるには、案件数をより多くこなすことが重要だったのです。
だけど、今度の会社は、売り上げの何%かが歩合で私のところに入る
というインセンティブです。
当然、大型案件を取れればインセンティブの額も大きくなります。

1千万円規模の小型案件から、数千万円、数億円規模のものまで、案件はさまざま。
自分がどれだけの規模の案件を実現できるのか、実力がダイレクトに
年収に反映されるなんて、とてもやり甲斐がある環境だと思います。


まだ転職してあまり日は経っていませんが、
有り難いことに、仕事は途切れなくあります。
複数の案件を同時に進めることもあれば、重要な案件に専念することもあります。
忙しくても、確実にインセンティブで入ってくると思えば、頑張っていけるんです。


あとは、裁量権ですね。
最初の転職から、一貫して私は「言われたことをやるだけの仕事はしたくない、
自分で裁量できる権限がほしい」と思ってきました。
今度の転職先では、システム設計部門ではほとんど私がトップのようなものです。
予算を決める経営管理のトップがお金のことを決める以外は、
私が裁量できる部分が大きく、仕事の幅が広がりました。

やっぱり自分は、与えられたことをこなす仕事よりも、
自分で考え、自分で決めて働くのが好きなタイプなんですね。




開く トラックバック(1)

イメージ 1  こんにちは、スカイライン.です。
  2回目の転職に、いわゆる入社試験
  というものはありませんでした。

  経営者一族の紹介があるので、最初から社長面接です。
  お客様への納品が終了して、
  会社の資産になってしまった商品以外の企画や、
  コンペで没になった商品などを、
  お客様の名前は伏せて内容を説明し、
  デモを行ないました。


それで、採用決定。あまり時間をかけずに、スムーズに転職できました。

このとき、同じチームで働いていたスタッフもいっしょに引き抜いてもらいました。
その人がいると、私はとても仕事がやりやすいので。
上司部下の関係ではなく、同じポジションの人なのですが、
仕事の相性がよくて、仕事がはかどるんですよ。
ただ専門はちょっと違っていて、その人は統計学に強く、私は演算に強い。
得意の職種も、その人はメーカーに強く、私は金融関係と保険会社に強い。
補完しあえるので、将来は共同経営者になろうね、という話もしています。
仕事のしやすさ、一緒に働く人との相性ってとても大事ですよね。


2回目の転職のメリットは、いろいろあるのですが・・・
ひとつは、MBAを取りやすい環境です。
独立に向けてやりたいことのひとつに、経営学の勉強があります。
当時の会社では、MBAを取るために休職すると、そこでブランクができ、
収入も途絶えることになるのです。

だけど、2回目の転職先では、MBAを取れば資格手当が出るし、
勉強のために休んでいる間も、ある程度の給料を保証してくれるのです。
これは、とても大きかった。

仕事そのものも、今までより広い範囲に関わることになるので、
勉強になると考えました。



イメージ 1  こんにちは、スカイライン.です。
  1回目の転職から、ちょうど3年がたった去年末のこと。

  「独立」という夢に向けて、そろそろ次の
  ステップを考えようかなと思っていた頃、
  人脈の中のある筋から、声をかけられました。

  ある外資系のソフトウェア開発会社の、
  創業者一族の方です。


そこは大企業ではありませんが、マルチメディア・コミュニケーション・
ソフトウェアの分野に特化している強みがありました。
給与条件も好待遇で、今より裁量権が広がるポストにつけるというのです。

実は、その方に声をかけられる前は、外国で働こうかと考えたこともあったのです。
けれど、現地でまた一から人脈もリセットしてやり直すことは、
なるべく早い時期の独立を目指している以上、現実的ではありません。


やはり、今までの実績の上に、新たなキャリアを築きたい。


具体的には、自分の作った商品が、より多く表に出て行くこと。
人脈を作れること。
システムを最初の企画から手がけて、予算も決めて、
総合的に商品を作れる力を身につけること。経営学を学ぶこと。
独立を考えると、本当に様々なスキルが必要になってきます。


これらの「独立に向けての目標」を、その会社なら果たせるだろうと考え、
2回目の転職を決意しました。
次は、今回の転職にどんなメリットがあったのかをお話したいと思います。



イメージ 1  こんにちは、スカイライン.です。
  転職の話ばかり続いたので、趣味の話を少し。
 
  意外、と周囲からは言われるのですが、
  スポーツが好きです。冬はスキー。
  去年の冬は、カナダのウィスラーに滑りに行きました。
 

ウィスラーはおすすめですよ。
本当に雄大な大自然で、コースも多彩です。
日本とは規模がまったく違います。

とにかく広いので、間違えて上級者コースに迷い込んでしまいました。
あまりの傾斜に降りてこられなくて戸惑ったことも、いい思い出です。 
夏はリゾートでマリンスポーツもいいですね。海外旅行にはよく行きます。
英語ができると、旅行中も助かります。


1回目の転職先は、外資系ということもあるのか、
夏2週間とかゆっくり休暇を取れるんですよ。
休みにくい雰囲気もなくて。

ただ、やりたい仕事の社内コンペがあるときは、休暇を取ることはできません。
落とされてしまいますから。
休暇を予定していた時期に急に魅力的な案件のコンペが入ってしまって
「どうしよかな…」と悩むことはよくありました。
でも、それも個人の裁量なので。
制約があまりなくて、休めるときにはちゃんと休めるのが嬉しかったです。


転職前の企業は、有給も少なかったし、取りにくい感じがしました。
本当は5時に終わるような仕事を7時8時まで「みんなが帰らないから」って
つき合い残業したり、「みんなが休まないから」と有給が取りにくかったりする風潮は、
やっぱり私には向きません。

プライベートの充実のためにも、時間はなるべく自由に配分させてほしいですね。



イメージ 1  こんにちは、スカイライン.です。

  自分の得意分野について、じっくり考えたことはありますか?
  転職は、やりたいこと、得意なことを
  見つめなおすチャンスです。


  私の場合は、まず、数学。


実際のシステム開発が始まる前段階で、社内とお客様を納得させられるだけの
資料と仮想システムを作る上流工程が私の仕事です。
費用対効果にしても、回収期間の問題にしても、数字で根拠をビシッと出せると
信用力が違いますし、統計学的に説明できると周りを絶対的に説得できます。
そういう、数学的に演算して根拠を出していく仕事が得意なのです。

たくさんの実績を積むといろいろな統計データが自分に集まってきますが、
それは何通りにも活かすことのできる数字。将来的にも財産になります。


それに、英語。

転職先は外資系なので、社内で外国人の上司を説得したり、
外国人のお客様にプレゼンテーションする場合には、英語が得意だと声がかかります。
対日本企業の場合は、やはりある程度以上の年齢の、
男性の方が説得力があるということで、なかなか対外的な席に呼ばれません。
参加できても、補助的な仕事になってしまいます。
英語ができることで、お客様に実際にデモができる機会がある。
勉強しておいて、よかったと思っています。


数学も英語も、片方だけが得意な人は大勢いますが、
両方得意な人となるとある程度限られてくるので、アドバンテージになります。

だから、できるだけ両方を活かした仕事につきたいと思いました。
転職後の会社は、私の得意分野を存分に発揮できる場所だったのです。



全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事