ここから本文です
アトリエひめじおん
紅茶でリラックス

書庫全体表示

紅茶セラピストのひめじおんです。

少し前に、できちゃった結婚は女児が産まれるという記事を書きました。
ではなぜ、「できちゃった結婚」の持つ否定的なイメージは未だ根強いにも関わらず
増えているのでしょうか。

それは、現在の不況と大いに関係があると思うのです。
社会学者の山田昌弘氏は、結婚相手の収入に対する(特に女性の)要求水準が高まり晩婚化、
少子化が進む一方、収入の不安定なパラサイトシングル同士のできちゃった結婚が増えると
分析しています。
格差社会の影響はこんなところにも広がっているのです。

日本の未婚者の多くは、親と同居しています。
同居ならば、住居は要らない。家電製品は共有、車も親のものを借りればいい。
そして余裕があるからブランド品などの贅沢品を身につけたりしています。
というのは、大学を卒業して裕福な親元にパラサイトしている未婚女性です。
このような環境下にいる未婚女性は、結婚しても今までと同等の生活水準を保ちたいと
思っているから、結婚相手の条件は経済力のある男性ということになります。
そのような望み通りの男性の出現を待っているうちに、
婚期を逃してしまいできちゃった結婚どころか、
晩婚か未婚化の道を辿ってしまうことになってしまうのです。

一方、裕福な親ばかりいるわけではありません。
このような家庭環境にあっても、学校に行き将来の目標をしっかり持っていれば、
そうそう未成年のうちに結婚に至ることはありません。
しかし、現在の生活から抜け出したいという気持ちが強かったり、
経済的に依存できそうな男性が現われたりすると今の生活を捨ててまでも、
という行動に走りやすいのです。
そんなわけで低年齢のできちゃった結婚が多いのです。
このような場合、女性の方の押しが強いことが多く、
女児が産まれやすいというのは女性がリードを取ることにも一因があるようです。

このまま社会階層の固定化及び世襲化が進むとしたら、
できちゃった結婚は依然として増え続けるのかも知れません。
おまけに、芸能人のできちゃった結婚が多数報道されていることも影響があるといえるでしょう。
しかし、よく考えなければなりません。
芸能人の場合は、決して低年齢のカップルばかりではありません。
だいいち、かりに壊れたとしても子どもを養育していく経済力はあります。
しかし一般の若いカップルにおいては、収入の不安定なパラサイトシングル同士の
できちゃった結婚なだけに、明日どうやって生きていこうかということに直面するわけです。
前にも述べたように、残念なことに、準備なし計画なしなのができちゃった結婚だから、
壊れやすいのも事実なのです。
このような場合、ママが子どもを連れて実家に戻ることが多いようですが、
お祖父ちゃんが元気であれば、娘と孫のために再就職することもあるようです。
娘(息子)と孫のために再就職することを「パラサイト・ディボースド」というようです。
けれども、戻れる実家があるとは限りません。養ってくれるおじいちゃんがいるとは限りません。
母子(父子)家庭になり、
生活が困窮してくると些細なことから幼児・児童虐待につながるケースが多いのです。
最近では、幼児・児童虐待防止対策の機構が整ってきましたが、
根源はいったいどこにあるのかということにも目を向けなければいけないと思うのです。
若い人の無計画な行動をとらない社会を造ることも考えていかなくてはいけないと思うのです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事