江ノ電グッズショップ

江ノ電グッズ公式オンラインショップはこちらです!
みなさん、こんにちは。

今度の日曜日は、「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」が開催され、江ノ電も出店いたします。
場所は横須賀の久里浜にある「京急電鉄 久里浜工場」です。昨年までは「京急ファインテック 久里浜事業所」という名称でしたが、京急さんの組織改編が行われ、今年の4月からはかつての名称である「久里浜工場」が復活したことになります。

近頃、全国各地の鉄道に京急カラーの車両を走らせ、羽田空港アクセスのPRに力を入れている京急さんらしく、物販は江ノ電以外にも全国から29の鉄道・バス事業者のブースの出店があるとの事。鉄道ファンの方はお財布の心配をしなければなりませんね。

キャラクターショーもあり、もちろん「えのんくん」も参加します。

心配されていた天候の方も、何とか大丈夫のようですね。
この日曜日は、久里浜で皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

京急ファミリー鉄道フェスタ2018
http://www.keikyu.co.jp/information/recommend/tetsudou_fes2018/

この記事に

開く コメント(0)

みなさん、こんにちは。

現在、鎌倉駅の切符売り場窓口の横の展示スペースに「タンコロ」の模型が展示されているのですが、お気づきの方はいらっしゃいますか?

イメージ 1

この模型は、藤沢市片瀬在住の写真家「近藤純一」さんが製作し、寄贈していただいたものです。近藤さんは写真家といっても、鉄道写真ではなく“海写真家”としてご活躍の方で、地の利を活かし地元“湘南”を中心とした海の情景を写真に収めている方です。藤沢駅の乗車ホームに近藤さんが撮影した写真を使用した江ノ電のイメージ広告があるのでご覧になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

イメージ 2

そんな近藤さんですが、以前はモノづくりに関係したお仕事をなさっていたということで、タンコロも模型こそ市販の物を使用していますが、ウェザリング(風化や汚れを表現した技法)を施し、行先も「黄泉」「現世」と今冬に公開された映画「DESTINY鎌倉ものがたり」に登場したタンコロを再現しています。
また、タンコロの下には「DESTINY鎌倉ものがたり」と「江ノ電」のコラボプレート、上のタンコロの物よりも少し大きめの行先表示板と300形に取り付けられていた丸型のヘッドマークのミニチュアが。これは江ノ島駅待合室に展示しているタンコロと305号の模型に取り付けることが出来るサイズだとか。そして、それらが収められたケースも近藤さんお手製のものです。

実は近藤さん。もともと川名(石上から境川を挟んだ付近)のご出身で、御親類にはかつて江ノ電に勤務されていた方(私たちの大先輩ですね!)もいらっしゃったとかで、大の江ノ電ファンなんだそうです。そんな近藤さんが「私は鉄道ファンではないですが江ノ電は別なんです」とおっしゃっておられました。ホント江ノ電沿線にはそうおっしゃられる方が多いこと。そして、江ノ電をモデルに表現活動をされている方が何人もいます。いやぁ〜嬉しい限りです。

近藤さんの江ノ電好きはこれに留まらず、かつて存在した駅(停留所)の場所を調査なさっており、こちらも地元の人間関係を活かし、地域の古老の方々から当時の様子を聞き込み調査したとか。そしてこの度、全線の調査がまとまったことをSNSを通じて発表したところ大勢の方、それも鉄道ファン以外方からの反響が大きかったとの事。秋にはこれらの方を中心に全駅跡を訪れるツアーを企画中だとか。こんなことからも江ノ電ファンの裾野の広さを伺うことが出来ました。

たった10キロの短い路線ですが、いろいろな方と繋がることが出来、そして一緒にロマンを感じられる、そんな電車が江ノ電なのかな!と思いました。

この記事に

開く コメント(0)

みなさん、こんにちは。

先日「2003号方向幕 幕回し公開」会場にてアンケートご協力いただきました方の中から抽選で「2001号で使用されていたつり革」をプレゼントいたしますということで、抽選を行いました。
厳正なる抽選の結果10名の方が決定いたしましたので、本日発送させていただきます。

イメージ 1

10名の方のお名前は公表いたしませんので、明日もしくは明後日にお手元に届かなかった方は、残念ながら当選ではなかったということでご理解ください。

それでは改めてご当選された10名の方、おめでとうございます。

この記事に

開く コメント(0)

ホームラン王との共演

みなさん、こんにちは。
ゴールデンウィーク真っ最中ですが、いかがお過ごしですか。

さて、先日「鉄人」として親しまれ、昭和の球界で数々の記録を打ち立てられた衣笠祥雄さんの訃報が飛び込んできました。衣笠さんといえば連続試合出場記録保持者として国民栄誉賞を授与されました。また、国民栄誉賞といえば同じく球界で本塁打・世界記録を達成した王貞治さんを称えるために創設されたとも言われています。そして当時、ホームラン王であった王貞治さんをキャラクターとしてCMに起用した商品が“亀屋万年堂のナボナ”でした。CMで王さんが言う「ナボナはお菓子のホームラン王です」のフレーズは昭和の子供達(関東ローカルだったのかな?)の間では知らない者がいないほどでした。私も子供のころ、渋谷方面へ出かける際に親に連れられて東横線に乗るとナボナの広告があり(亀屋万年堂さんは自由が丘で創業)“王貞治=ナボナ=東横線”みたいな変な刷り込み?がされていました。

さて、そんな“お菓子のホームラン王”と江ノ電がコラボした、「江ノ電ナボナ」がこの度登場します。味はおなじみの“バニラ”と人気の“チョコレート”の二種類。それぞれ一箱に四個入って540円(税込)とお求めやすいお値段です。ちょっとレトロな外箱と小包装はお土産にピッタリです。

イメージ 1

そして、もう一商品。新商品の紹介です。
それは「江ノ電ぽてとチョコ」。その名のとおりポテトスナックをチョコレートでコーティングしたお菓子で、味もさることながらこの商品はそれだけが売りではありません。このチョコスナックが入っているパッケージに特徴があります。それは、筒状のパッケージの中間にあたるフィルム状の部分を回転させると、江ノ電沿線の風景の中を300形電車が走りだすアニメーションになっています。とても面白いギミックで、食べた後も楽しむことが出来ます。こちらは750円(税込)です。

イメージ 2

どちらも5月3日(木・祝)から江ノ電グッズショップ各店で発売します。ゴールデンウィーク後半戦!鎌倉・湘南土産に江ノ電の新商品はいかがでしょうか。

さて平成も残りあと一年となり、昭和も随分と昔のこととなりました。気が付けば江ノ電の車両勢も平成生まれの方が多かったりしますが、昭和生まれの300形や1000形もまだまだ元気に活躍しています。昭和のヒーロー衣笠さんのご冥福をお祈りするとともに、同じくヒーローの王さんとナボナには次の時代もまだまだ活躍してもらいたいです。

※店舗によっては、店頭レイアウトの都合上3日より前に発売となる事があります。

この記事に

開く コメント(0)

みなさん、こんにちは。

先日、「2003号方向幕 幕回し公開」イベント会場において、みなさんにご協力いただきましたアンケートを集計いたしましたので、少し結果をお知らせしたいと思います。

まず、皆さんのお住いについてですが藤沢市・鎌倉市といった江ノ電沿線にお住いの方が35%いらっしゃいました。またこれらの方を含めた神奈川県内の方は65%で、次いで東京都・埼玉県・千葉県といった感じで最遠の方は大阪府からお越しいただいた方でした。
地元の方が多いという点では、やはり「江ノ電は地元の方々に愛されているんだな」ということを再認識いたしました。
また、鉄道趣味として江ノ電に訪れた回数は?という問いには21回以上という方が最多で、そのうち一年間で訪れる回数も20回以上の方が最多でした。こちらも地元故、頻繁に通ってらっしゃることが分かりました。
鉄道趣味の分野を問う設問では写真撮影、乗車がそれぞれ同じくらい多かったです。(複数回答可)
私が一番お聞きしたかった最近、テレビなどでも取り上げられている「呑み鉄(お酒を楽しみながら鉄道旅行を楽しむこと)」は10%と健闘しましたが、これでは「江ノ電Bar」開店は少し厳しいですね?
イベント告知関係では、ほとんどの方が江ノ電のホームページをご覧になって知ったという方ばかりでした。(キチンとお知らせしなくては・・・)
最も知りたかった「イベントの内容の感想ですが」
・非常に満足が74%
・満足が23%
・普通が3%
という結果で「物足りない」「不満」はゼロでした!
実はイベント終了後の夜に現在、運転士を目指し小田急電鉄の教習センターで訓練に励んでいる後輩から「Twitterでは今日のイベント、結構評価高いみたいですよ!」という連絡をもらっていましたが、このアンケート結果からも皆さんに楽しんで頂けたという裏付けが取れ、非常に嬉しく思いました。
ちなみに彼は数週に分けて毎週月曜に行われる中間試験の最中だったとの事、流石にイベント参加は諦めたようです。エライ!自分の時はどうだったっけ?
また、イベントの参加の制限では実に9割を超える方が参加制限を設けた方が良いという意見で、一日乗車券の所持や人数制限、有料など今回の条件のような制限が良いという意見を頂戴しました。(複数回答可)
また、今回は商品券購入という実質無料(えっ?「あの商品券使えないよ!」というお声も頂戴しましたが!笑)のイベントでしたが、純粋に入場料としたらいくらぐらいが適当?という設問では半数強の方が「1,000円くらいまで」という金額を選んでおられました。もちろん「有料なら参加しない」という方もごく少数でしたがいらっしゃいました。
また、中には「いくらでも払うからイベントをやってほしい」といった豪傑な方も!
などというような結果を頂戴いたしました。

イメージ 1

その他にも、様々なイベントの提案やグッズ製作のヒントになるようなことも。ご協力くださいました皆さま、ありがとうございました。

アッ!アンケートにご協力くださいました方々とお約束した「つり革プレゼント」の抽選は後日実施させていただきます。当選者の方へは来月上旬に発送させていただきますのでもうしばらくお待ちください。

さて、いよいよ明日からゴールデンウィークが始まります。
江ノ電グッズショップ各店では豊富な品揃えで皆さまをお持ちいたしております。
特に5月に入ってからの連休後半では、新たな商品も投入してまいりますので、江ノ電をご利用の際には「江ノ電グッズショップ」にお立ち寄りください。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事