ここから本文です
日々色々 FROM 北九州
来る者拒まず、去る者追わず、気軽に覗いて、気軽に一言を

書庫全体表示

傑作(0)
2007/2/28(水) 午前 2:00 | ルアーアングラー | 釣り


あの頃は釣り情報と言えば「釣り雑誌」と口コミと釣行経験者の両手を広げた自慢話。

それでも釣りクラブのメンバー達は「釣り雑誌」や新聞の釣り欄の「尺ヤマメ釣れる!」「ヤマメ化数釣り!」の記事に釣られあちこちの渓流に出かけた。

ある日、「九州で岩魚釣れる!」の記事に 「うん?」、九州には「岩魚」は生息してないはずだが?

だが、本当に釣れていたんです、しかも五ヶ瀬川支流の「波帰谷」で。

そこは九州最南端のスキー場「五ヶ瀬ハイランド」で有名となった「ヤマメの里」

ここは九州で初めて「岩魚」の養殖を成功したところで、養漁場から逃げ出した「岩魚」が釣れたらしいが近年は有料区間に放流してるらしく解禁の頃はデカイ「岩魚」が釣れるらしい。
イメージ 1

事実、省三さんは40cmクラスの「岩魚」を何度か釣っている。

一度解禁の頃僕とケンゾーさんは椎葉に行くため波帰谷近くの「本屋敷」まで来たが、雪のため国見峠(現在はトンネル有り)を越えられず2日間この周辺の支流を釣りまくった事があった。

国見峠の近くからひと山越えた三ヶ所川や周辺の大小の五ヶ瀬支流に入渓し、釣果はあったが「岩魚」「尺ヤマメ」のヒットは無かった。
イメージ 2
小さな小川のような流れから上がってきた地元の中学生らしき3人連れの手に竿、そして笹に通した「尺ヤマメ」。

「どこで釣ったとー?」に「よそんもんにゃー教えられん!」とはごもっとも・・・である。

さらに渓流プラスアウトドアライフにつづく・・・・・・・・。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事