ここから本文です
「武録」〜 次賀慎一朗の日常や非日常〜
毎日が、とにかく有り難い!\(^o^)/

書庫公演詳細

すべて表示

役者をやめます。 と、昨年末の舞台の打ち上げで、共演者の皆さんに告げたところ、 作・演出の石橋直也さんが「さよなら公演をやりましょう」と言って下さり、 その場にいらした役者さんを始め、何人もの方が参加したいと言う意図をしめして下さり、 およそ私の知る中で、一役者がやめるからとその「引退試合」をやる、といった事は記憶にないですが、 なんと幸せな事に、私の「さよなら公演」が決定しました! 〜〜〜〜〜 次賀慎一朗 さよなら公演 「或る人斬り」 (あらすじ) 幕末の土佐。一人の男が獄中で腹を切った。岡田以蔵と云う人斬りである。「この男に自害などさせてはならん!」土佐藩主山内容堂に申し付けられた町医者の衣川健安の治療により一命すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • お久しぶり過ぎます(汗)

    2018/5/28(月) 午後 8:49

    明日からの3日間は、「以蔵記念日」なんです。 撮影:青木早苗さん 4年前。 字幕にもありますが、右端の石橋直也さんをはじめ、たくさんの”武士”たちに見送られ、役者を離れて福岡へ帰りました。 ...すべて表示すべて表示

  • 今年も、なかなか更新しないこのブログを(笑)、よろしくお願いします!! さて年末に起きた成り行きをつらつらと。 恩師・わきさんの四十九日法要「ワキさんを送る会」に出席しました。 未だ、どこかから ...すべて表示すべて表示

  • 師に捧ぐ

    2017/11/21(火) 午後 7:51

    11月2日、恩師である和希太平さん、本名 脇坂奎平さんが他界されました。 役者さんで、且つ作・演出家。出会った頃にはまだまだその三役を精力的にこなしていました。(写真はそのもっと前) ある日、こちらで某劇団 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事