全体表示

[ リスト ]

(^_-)-☆気が抜けた

 3813 不思議ですね。今朝、現場を見て回ったとき、約、55年前のことを思い出した。就職した会社の各部門を実習して回っていた時、二か月後、押出部門にいた。作っていたのは、丸棒や板、そして、6ナイロンチューブ(臼井国際に納入するバンディーチューブに使う)とABSのボビンスリーブ(東レが作る繊維を巻く芯)だった。全て、日本の最新技術の物だった。多くは、西ドイツからの技術だった。
 
その現場と55年後の現場とは、押出機が同じだが、そのヘッドから自動カッター迄のラインは、違っている。私が、7年いた間に、改造をして、だんだん、入社時の装置は使わなくした。そして、その会社を辞めて、自分でやっよになって時に、水槽も引取機も自動カッターも巻取機も自分流に変えた。そして、その後45年くらい、太田化工、子会社、孫会社、そして、インドネシアで現在日系三社、そして、今の会社で、そっくりさんのラインが並んでいる。全部で、何ラインあるのでしょうか。40ライン以上あると思う。
 
使いこなせれば、あらゆる樹脂、100mm直径以下の製品(ムク以外)でプロファイル、チューブなどを作ることができる装置だ。1ライン、800ジュタRpで作ることができる。
イメージ 2
 

BeaCukai Juanda Gagalkan Penyelundupan Bayi Lobster Senilai Rp17,3 Miliar - iNewsPagi 25/06

スラバヤ ジュアンダ空港の税関は約1400万円相当のロブスターの幼生の密輸を失敗させた。
 
 
特殊詐欺グループとされる反社会的勢力 闇営業 なんていう言葉が最近にが合わせていますね。誘われてか、自主的にか知らないが、関わったタレントがやり玉に挙がっているが、本元の何とかグループや反社会勢力をやり玉に挙げていないのは、マスコミは、どうなっているのでしょうか。どんな組織なのか、さっぱり報道されていないような気がするが、麻薬類もそうだが、悪の根源はそっちでしょ。
イメージ 4
イメージ 3
 
今日、チューブの製造設備一式を技術込みで購入したいという会社へ行ってきた。見積もりは、装置の詳細も添えて、既に出してあった、価格について値下げを言われた。購買担当が出てきて、どこからかの同じ製造ラインの見積もりを受け取ってあるので、その内容詳細をチェックして、月曜日に採用か否かの結論を出すという。それを、聞いたとき、そうですか、それなら、そっちの装置でやってください、私の方は降ります、と、言いたかったが、言わなかった。
 
その見積もりを出した会社を知っている。そこは、自分の所で、そのチューブを作ることができるが、原料支給では、やりたくないので、装置一式を売るからそちらで作ったらどうかと、装置の見積もりを出してきたそうだ。
 
聞くところにいると、その会社は他社にそのチューブを作って売っているから、その装置は間違いないと言っているらしい。その話を聞いて、矛盾していると思う。変だと思う。日本の特殊な原料のメーカーは、インドネシアでは一社にしか売っていない。私はその一社で、その製品を立ち上げたから知っている。
それなのに、この装置を売るという会社では、その原料でチューブを作っているというのでしょうか、アニーリングのことや内外径チェッカー装置のことも知っているなら、その原料を使っているはず、支給していただかなくても、その、指定原料で、出来ますというはずだ。しかし、原料を自社では、到達できないというのは、辻褄が合わない。
 
本当は、作ったことはないが、私から出した見積もりの装置の詳細を漏らして、その会社に見積もりを出させたのではないかと思ったからだ。その証拠に、一番肝心な、溶融金型、冷却金型が見積もり明細に入っていない。だから、それには、ノウハウ料や技術指導料は含まれていないと思う、ただ、こちらと同じ装置の一揃いの見積もりだと思う。
 
インドネシアに一ライン増えると思っていたのに、この会社に、私の技術指導付き装置を作ってやる気が無くなった。
イメージ 1
 
乾季の夕日、快晴だが、赤くなる
矛盾 どうぞ ディスコン

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事