全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全754ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

(^_-)-☆乾き目と口

 3467 災害復旧のボランティアなど、熱中症が心配ですね。人助けに行って、人に助けられたのでは、熱中症とは関係ないが、警察官などが3人、行方不明になっているようですね。タイでも、一人亡くなった。こういうのって、空しいね。
 
灼熱列島の熱中症と関係あるのかないのか知らないが、年齢を重ねると、目が乾く、口が乾く、目がチキチキ痛む、喋りにくくなる。涙や唾液の分泌量が少なくなっていることを実感する。日本にはどんな薬もそうだが、いろいろな種類が売られている、目薬も、いろいろな効能が書いてある物がたくさん並んでいる。15mlが大部分だが、値段は250円くらいから2000円くらいのバラツキがある。ただし、涙と同じと書いてるものは安い、私は、いつも,持っていて、一か月に二個くらい使ってしまう。インドネシアでは、目薬を売っていることは売っているが、10ml以下しかないし、すっきりヒヤッと感じる物は売っていないので、日本から持ってゆく、10個以上持ってゆく、自分のためだが、ゴルフの時など、持ってきていない仲間にあげてしまうこともある。
イメージ 2
 
口の渇きについては、日本では井戸水にポカリの粉、500mlに15グラム、一袋を混ぜて、常に携帯している。ゴルフの時には、日本の夏とインドネシアでは年中、3本持ってゆく。インドネシアの時には、そのうちの二本は凍らせて持ってゆく。日本には、ポカリの粉は小分けのものを売っていない?ので、インドネシアから持って帰る。日本でボトルで買うのは高すぎる(インドネシアでは50円以下)ことと、ボトルの再使用のためだ。それに、塩分濃度をコントロールできる。本家の日本でなぜ、15gの粉が売られていないのでしょうか。目覚めに一口というお年寄りの方も多いと思う。粉で作るスポーツドリンクをお勧めです。
発汗による塩分不足が問題ですが、塩分の取りすぎは、もっと問題が多いでしょ。
イメージ 1
 
この大型トラック賢い、丸子藁科トンネルの西側からの入口すぐ手前の侵入道です。このトンネル、西側からの車はいつも渋滞をしている。理由は、誓願寺入り口の信号付近から、二車線が一車線になっていることと、トンネル内では、速度が落ちることと、もう一つ、このトラックや私のように、トンネルの直前から侵入する車があるからだ。そこで、本線のずっと後ろに着くより、このトラックのように、一旦、本線から脇道に入り、本線に沿って行き、再侵入するのが賢い。それを知る車が少ないから有効。朝の通勤車には知られたくない。
 

2018/07/03公開のメイカルタに関する最近のニュース、200基のクレーンが稼動いているというのは、大げさではない。リッポチカランからデルタマスの間、ジャラントールの南側。

LippoGroup menjamin pelaksanaan proyek pembangunan kota berskala internasionalMeikarta tetap berjalan sesuai rencana. Meikarta menargetkan serah terima unithunian akhir tahun 2018.

乾き 目 口

この記事に

開く コメント(0)

(^_-)-☆パキシル

 3466 昨日、久しぶりに処方してもらった薬、2996年 パニック障害だと断定され、これらの薬で必ず治るからと言われた薬だ。当時は、パニック障害という病気があることを知らなかったし、インドネシアのジャカルタなどの大病院でも、日系の病院の日本人医師でも、また、知り合いの多くの日本人も、そして、日本に強行帰国した後、成田空港の病院でも、いくつかの総合病院の救急当直医も、誰も、パニック障害と指摘になかったどころか、様々な検査をしたのち、映像でも数値でも、異常は認められません、と、言われただけだった。中には、クラっと来て、目の前が真っ暗になりかけた私の腕の脈を取りながら、脈が飛んでいますね、時々、間隔が空きますね、確認し、看護婦に変わって脈を確かめたときも、そうですね、時々なくなりますね、といっていたのに、心電図、24時間ホルダーチェック後、あなたの心臓は正常です、いわれただけだった。
私のパニック障害の最初の症状は、指摘された当時、以前を思いだすと、2002年だった。日韓ワールドカップをテレビで見ていた時、眩暈がして、座っていたソファーに横向きになってしまった。その一瞬前に、首の右がチクッとしたことを覚えている。その時は、歩いて10分くらいの近くのアニッサ病院に駆け込んだ、病院に着いたころには、眩暈はなくなってしまっていたが、最初の症状をいったら、何やら点滴を受けた。当直医や看護婦とと一緒にサッカーを観戦した。その時は、疲労と貧血だといわれた。風邪薬を処方された。
 
その後、忘れたころに、同じような眩暈があったが、一瞬のことで、数秒以内には治ってしまっていた。そして、2006年、帰宅時間になって、帰ろうかと立ち上がりかけたとき、まだ、腰を浮かせたばかりだった。クラっと来た、再び腰を落とし、前かがみに机に伏せた、そこから、修羅場が始まった。
 
原因が分からない眩暈をするから、当時の薬をまた、処方してもらった。まだ、飲んでいたい。いつ飲むかは、今度、クラっと来た時にする。
イメージ 3
イメージ 2
 

パニック障害に対する治療の基本は薬物療法です。選択的セロトニン再取り込み阻害剤(Selective Serotonin ReuptakeInhibitorSSRI)調べると、こんなことが書いてある薬だ。

イメージ 1
 
尻高と書いてシッタカという。町内のお祭り、妻がたこ焼きの係だということで、冷凍たこ焼きやノリや発泡スチロールのパックなどを業務スーパーで仕入れ、公園に昼過ぎに届けた。私はそこまでの手伝い、夜、妻が、余ったたこ焼きを持って帰ってきた。出来上がったたこ焼きを冷凍保存したものだから、二三時間前に解凍しておいて、たこ焼きの中に入れて温めるだけでの作業だ。汚れないし、簡単だね。8っこで200円だそうだ。
奇病 パニック 特効薬

この記事に

開く コメント(0)

(^_-)-☆コンスタン

 3465 10;30の予約だった。車で15分の県立総合病院、なぜ、行ったかというと、何年か前かから不定期に立っていられないほどの眩暈がするからだ。すぐに直るが、もし治らなければ、という、不安がある。パニック障害と同じように、様々な検査をしても、原因を特定できない、そこで、何年かぶりに、袴田先生に相談ということにした。
イメージ 3
 
9;45には、病院の手前50M位の信号のある交差点に到着した。青でも進まない、駐車場が満車という看板を守衛が掲げて、車の流れを仕切っていた。
 
結局、駐車場に入ったのは10;30分だった。それだけで、もう、十分、待った。総合診療の受付に行ったのが10:45、それから、待つこと、一時間、12時前にやっと、久しぶりの対面、2006年が最初だった。その後、二回、あっている。症状を説明し、質問を受け、答えた、原因を探るためだ。
 
で、私は、パニック障害の時の薬を、そこで、処方されることを願って、それを言った。しかし、心臓でもない、耳でもない、何か原因を探ろうと言いだして、血液検査、尿検査、心電図、胸部レントゲンチェックをしてくださいと言われ、何か所かを回って。戻ったのは12:30、先生も食事中ということで、食事でもして戻ってください、一時間以上、大丈夫と言われた。
イメージ 4
 
結局、14;30に呼ばれた。太田さん、全く、問題ないよ、全く正常値だよ、眩暈は疲れからとか、立ち眩みのように、血液が脳に上るのがちょっと遅れるからかもしれないですね。パニック障害とも関連がない、と、いわれてしまった。最後の砦でも、眩暈の原因を突き止めてもらえなかった。逆に、太田さんどうする?と、いわれてしまった。結局、私が最初、他人だように、パニック障害の薬、2006年に劇的に効いた、薬を、一か月分お願いした。先生も、快く、処方してくれた。インドネシアの病院状況を質問され、話をした。20分くらいいたと思う。また、何年後かにお目にかかりに来るかもしれませんねといって、笑いながら診察室からでた。
 
今度は支払い、支払カウンターへ行った。5番だ、請求者を提出した。そこの前でまった。なにを、自動支払機でずっと以前はらったことがったが、その時、どうだったか、覚えていなかった。名前を呼ばれて、何かを渡されたような気がしていた。ところが、今回、誰も呼ばれない、何も、渡されていない。変に思いながら、待っていると、時々、受付カード(私の番号は5558)をもってきて、これは、どこで払うのかと聞きに来ていた。目のまえに、それらの赤と白の番号が示されていた。そうか、ここの番号が示されれば、自動機の方に受け取る準備ができたということかと、気が付いた。なぜ、そういう仕分けになるのか、分からないが、白の番号は自動支払機、赤は、すぐ横の6番カウンターと書いてあった。
イメージ 2
 
そして、支払機の方へ行った。そして、5558の受付カードをカードを差し込むところへ入れようとしたが、幅が狭くて、入らない。側にいたボランティアに聞いたら、診察券を入れると教えてくれた。最初、病院に入ったときに自動機で、診察受付番号カードを受け取っていて、それを、各工程で、必要とされていて、ずっと、番号で呼ばれていた。診察券は最初に使っただけで、すぐに財布にしまい込んでいた。まさか、また、使うとは思っていなかった。
 
凄い人数の患者が診察に来ていて、それらが,一種の流れ作業にように移動している。駐車する時から、それが始まっていた。しかし、初めての人は戸惑うことが多そうだ。
 
近くの薬局で薬(コンスタン パキシル 胃腸薬)を受け取って、家に戻ったのが、16時を回っていた。一日、つぶれたが、今回、日本いる理由の一つだった。
イメージ 1
 
2羽から7羽になった。
総合診療科 原因捜し 見つからず

この記事に

開く コメント(0)

 3464 久しぶりの相良でゴルフ、日本のゴルフ場、どこも、そうだが、高齢者優遇のため、ティーショットの場所を分けてある。私が問題だと思うことは、80歳以上、85歳以上、それと女性のティグランドの位置だ。
ロングは、100m以上近くにある。白が500mなら、400mになっている。もっと、問題はショートホール、ティーショットをグリーン側20mから30mのところに設置されている。これで、オリンピックやコンペでニアピンを争う、また、エージシュートの表彰?意味があるの?
私は70歳以上の場所からティーショットをする権利?があるが、いつも、白からにしている。前からやって、スコーアーがちょっとばかり良くなっても、OBやワンペナのリスクが少なくなっても、楽しくも、うれしくもなんともない、オリンピックでの勝ち負けも、前からやってのでは、楽しめない。
イメージ 1
 
このホール、打ち下ろし池越えのパー4、白からは左右非常の狭い上の池越えだ。OBやワンペナのリスクが大きい、しかし、70歳以上は、下の池の手前あから、80歳以上は池の向こうからになる。そんなところから打って、楽しいのだろうか。
 
しかし、高齢者の他の方々は、できるだけグリーンに近い場所からはじめてでも、少ないスコーアーで回ること、ペナルティのリスクが少ないことの方が嬉しいらしい。そして、好成績を喜ぶらしい。
 
日本のゴルフ場は、こういう人たちで経営が成り立っているいるのでしょう、こういう人たちの要望を受け入れることが優先だから仕方がない。
 
イメージ 2
帰りは、旧一号線でを使った。大井川にかかる車が渡れる最初の橋。
 
ジャカルタ、バンドゥン間の中国が手掛ける高速鉄道は目立たないが、進捗しているようだ。これは、ジャカルタ、スラバヤ間の中高速鉄道の話だ。河野太郎大臣とカラ副大統領との会談の時の記事から、
Pemerintah Jepangsepakat untuk mempercepat pembangunan infrastruktur kereta semi cepatJakarta-Surabaya. ジャカルタ、スラバヤの高速鉄道インフラの建設をスピードアップするため日本政府が合意した。
"Kamisepakat untuk mengebut pengembangan protek investasi Jepang di Indonesiaseperti MRT, Pelabuhan Patimban, dan kereta dari Jakarta ke Surabaya," 「我々 はスラバヤジャカルタから 鉄道開発、MRT、パティンバン港など日本投資に同意した」MRTについては、初期工事区間は90%以上完成していて、これは、北へ延長の話だ。
高齢者 リスク ニアピン

この記事に

開く コメント(0)

(^_-)-☆熱中症?

 3463 そんなに熱いかな、35度以上になれば、多分暑いと思うが、静岡は多分32度程度かな、そんなに熱いと思はない。熱中症についての話題が多くなっているようだ。先日のゴルフの時も、同伴者、皆さん、暑い、暑い、と言いながら、自分なりに作ってきた飲み物を飲みながら、その飲み物について、解説をしていた。私としては、実感がわかない。
 
年中暑いインドネシアでは、デング熱やチフスや赤痢は、当たり前に聞くが、熱中症Panas strokeということを聞いたことがない。ゴルフは乾季の暑い中、やることが多い、実際、汗をたらたら流しながらやることが多い、自然にどなたも、スポーツドリンクをひっきりなしに飲んでいる。私は、600mlを三本以上飲んでしまう。そプラス、アクアを1Lくらい飲んでしまう。熱中症を心配ではなく、喉が、口の中が、乾くからだ。
イメージ 3
 
ゴルフではなく、普段の生活でも、アクアにポカリなどの粉を溶かして、1Lくらいは飲む。日本の夏でも今、私のパソコンの脇には、こんなものを置いてある。
 
どこどこのゴルフ場で、日本人が倒れて救急車で運ばれたという話は年に一回ぐらいの割で聞く、心筋梗塞や脳溢血が原因で、熱中症ではない。
イメージ 2
イメージ 1
 
太田化工へサンプルの写真を写しに行ってきた。インドネシアで、ある会社から、8mm熱さで90Φくらいのパイプの見積もり依頼がきていて、できるという証明として、それに近い製品を作っているなら、写真で送ってほしいということだった。インドネシアでは、やっていないが、太田化工でやっているので、写して、客先へ見積もりと共に送った。両側に鍔を付けて、何かを巻き取るロールを造ってマレーシアへ送るという。今は日本のどこかでやっているらしい。
 
それは、それで、こんな製品もやっていた。
 
タイ北部チェンライ郊外の洞窟に閉じ込められた地元サッカーチームの少年ら13人の救助活動に協力してきた米英など各国では10日、全員の無事が確認されたことに喜び、歓喜。既に書いたが、救出作業中に命を落とした救助のボランティア男性、何が原因で命を落としたか知らないが、一人でも、亡くなった以上、大成功とはいえないし、救出された連中は、喜んで調子に乗っていないで、謝れよと思う。助けられた彼らをちやほやする理由は何もない。
厄介者 熱中症 水分補給

この記事に

開く コメント(0)

全754ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事