全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

(^_-)-☆何も思わない

 3756 何も思わないと思う。令和元年は2019年5月1日から2020年の3月31日までですよね。11か月ですよね。確か。1926年(大正15年/昭和元年)12月25日〜1989年(昭和64年)1月7日までですよね。最長だと聞いています。それぞれの年号の元年と最終年は二つの元号になっているから、元号の年数を足したら、西暦年数とずれてきますよね。どうも、外国に長く暮らしていると、日本の元号が生活にマッチしていないと感じる。日本にいるときに、何か、公式の書類を書くときに、今は平成何年だったっけ?と、必ず確認しなければならない。
 
天皇陛下ということに関して、最初の記憶は、小学校の5年のときだった。何故か知らないが、静岡駅の下りホームに同学年の多分250人くらいが、校長や担任、父兄の一部と一緒に整列していた。今から、天皇陛下が乗っている(もっと丁寧な言葉で言ったと思う)車両が通過するから、号令に従って、最敬礼をするように、直れと言うまで頭を上げないようにと言われていた。そして、蒸気機関車がホームに入っていた時に、その号令が掛かった。私は、教えられたとおりの最敬礼(腰を90℃曲げて、頭は真下に向ける)をした。頭の先を列車が通過した。しばらくして、直れが掛かって、前を見ながら、キヲツケ姿勢に戻ったときには、列車の最後部が、ちらっと、見えただけだった。結局、天皇陛下を見ていない。
 
それから、何十年、天皇陛下どころか、皇室関連の人達に会ったことはないし、棟目にも見たことがない、その気になれば、国体など、どんな人か見に行きたいと思えば、同じ町に行けば、見ることはできたかもしれないが、その気になったことがないから、とにかく、身近に感じたことがない。
イメージ 2
イメージ 1
 
ここが、どんな場所か、分かりる日本人は、全くいないと思う。平成が終わり、退位の儀式が始まったころ。まさに、そんなとき、私は、ここにいたのです。23年目の技術指導を継続している仕事の関係である会社を訪問し、打ち合わせが終わって、昼時、近くのテントレストラン集合場所で、ソトサピを食べた後、その場所の、外のケナフの林の中のトイレにいった時の雰囲気です。平成も令和も天皇も総理大臣もジョコ大統領も、この私の世界には入りこむ余地がない、全く,別の世界です。この雰囲気の中でも、多くの人に支えられているし、支えていると思う。
 
で、明日から令和ですね。また、まだ、暫くの間、日本にいるときには、今は、令和何年だっけ?と、確認しなければならない。けして、後期高齢者になって、ボケたからではなく、それが、普通だと思う。
元号 西暦 関心

開く コメント(0)

(^_-)-☆引っ越し予定 

3755 私ではない、インドネシアの首都。以前からこういう話はあったが、今日、閣議決定がされたようですね。インドネシアの首都(IBU KOTA)をジャワ島以外の島へ移転をするという。
10年後が目途らしいが、どこにするかは決まっていないし、いつ決めるかも決まっていないようですね。

2019/04/29公開

PresidenJoko Widodo bersama Wakil Presiden Jusuf Kalla memimpin rapat terbatas bersamamenteri dan sejumlah kepala daerah dan lembaga, Senin (29/4/2019). Rapatkembali membahas wacana pemindahan Ibu Kota negara dari DKI Jakarta ke daerahatau provinsi lain.

この報道では、カリマンタン島の内陸部にあるパランカラヤが有力といっていますね。行ったことがあるが、インドネシアの真ん中に近いし、開発するには、何もないところだから、適当だと思う。南にバンジャルマシン、ちょっと北東にバリクパパンとサマリンダなどの中都市がある。ブラジリアに似たようなプロジェクトになりそうだ。
問題は資金だね。
イメージ 1
 
パランカラヤの空港ターミナルです。
は、fcを使っている。
 
私のWebsite、ジオシリーズを使っていたページは全て、新しいサイトで開くことができるようになっているが、もう一つ、問題がある。web.fc2.com/を使ったページだ。
数年前から、使わなくなっているため、開くと、何やら、邪魔な画面が挿入されていて、バツ印をクリックすれば消えるが、また、直ぐ現れる。写真を開くと、また、何やら、現れるものもある。鬱陶しい。そこで、良い機会なので、これらも、すべて、今使っているソフトでのページに移そうと取り掛かった。
しかし、取り掛かってみると容易ではない。ファイル数が多分、数千になってしまっている。特に写真の数が凄い、旅の一か所だけで、1〜200ファイルはある。それが、fcを使っているのが、40か所以上ある。
イメージ 2
 
私は、ホームページ、ビルダー21というソフトを1万数千円で買って、使っている。その中の左上の「ファイル」から「どこでも配置モードで新規作成」という、何にもないページだけを使って、ファイルを膨らませている。「ファイル」に中の「かんたんホームページ、デビュー」より、簡単だと思うから。
 
明後日から「令和」ですかね。27日の土曜日から、10連休に入っているんでしょうか、日本は。
遷都 ページ ファイル

開く コメント(0)

(^_-)-☆良い事?

 3754 6:30 ティーオフ 遅い雨期明けもそろえおろかなと思わせる心地よい快晴の中、12時前に終了。直後、突風と共にザッット来た。昼食を澄ましたころ、快晴に戻った。
イメージ 3
 
小学校の国語の教科書で読んだ、“最後の一葉“という話を覚えています。病室から見えるレンガ壁に張り付いているツタの葉が、散ってゆく、少女は、その葉が全部落ちた時、自分の命が尽きると思い込むと、いったような話だったと思う。そして、最後の一葉になったとき、どうだったかは、覚えていない。ということは、置いて、今朝、私の”最後の一歯“が抜け落ちた。邪魔な歯を10本ほど抜いてしまって、総入れ歯にして久しいが、歯茎の中に隠れていた数本はそのまま残していた。次第に歯茎が後退していって、隠れていた歯も徐々にぐらぐらになり抜けていった。そして、今年の始めに最後の一歯になっていた。
 
グラグラしていて入れ歯の下で一定の形になれず、入れ歯が、その歯を押すので、噛むときに痛かった。早く抜いてしまいたかったが自然に任せた、そして、今朝、入れ歯を掃除しようとした時、一緒に、ぽろっと落ちた。「桐一葉、散って天下の秋を知る」ではなくて、”最後の一歯“落ちて、人生の秋を知る。というところでしょうか。
 
邪魔な歯がなくなって、硬いものを噛むときも、痛くなくなった。是なら、もっと早く、全部、抜いてしまえばよかったと思う。気分が良い。
イメージ 2
 
もう一つ、納豆を日本から大量に持ち込んである。毎日、一パックは、ご飯に混ぜて食べている。そして、今朝、歯が受けたラッキーがあったが、その直後の朝食の時、納豆のパックを開けて、いつものように、透明のプラスチックのカバーを剥がした。一粒もそのプラスチックに付いてこなかった。今迄、日本でもインドネシアでもどこでも、数限りなく、剥がしたが、一粒も付いてこなかったというのは、初めてだ。必ず、いくつか、着いてくるので、それを剥がし取るのが当たり前の作業になっていたが、初めて、その作業をしなかった。奇跡的なラッキーだ。
イメージ 1
 
私に住処のチタフィラのゲート脇にルコが完成した。その一番フィラ寄りに、インドマレットがオープンするようだ。大勢の人で、準備をしていた。ここにインドマレットができるということは、間もなく、このルコにアルファマートもできるに決まっている。とにかく、何方かがオープンすれば、一か月以内に、直ぐ隣か、向かい側に相手がオープンする。
ラッキー 良い事 付き

開く コメント(0)

(^_-)-☆忙しい

 3753 朝、5時起き、ゴルフは6時半スタート、先週三連休は、皆さんと一生ではなかったので、久しぶりに会ったという感じだった。趣味でもない、特技でもないゴルフ、何故、当たり前のように、他のことをしていなければ、やるのでしょうか。他に、手軽に体力維持の確認ができるものをやる気がないから、ゴルフ場がすぐそばにあるからでしょう。とにかく、今の辺りにいる限り、この習慣は、止められない。5月は、1日のMay dayから始まって、土日の全部と、30日 Ascension Day of JesusChristの10回を予定している。

 
そして、こちらは、押出の仕事、特技と趣味を兼ねている。14時過ぎから、会社に入る。この仕事、客先から、三日ほど前に、サンプルを直ぐにという催促が入っていて、とにかく、早く、試作品を作ってやらなければならないが、6ライン、フル稼働の上、この試作に使うラインで製造しているチューブをこれも、急ぎなので、中断できない。そこで、月火のどちらかで、届けると約束して、今日しか、試作の日がなかった。明日は、日中、電源を落とすとメンテナンスから宣言されていた。
イメージ 3
イメージ 2
イメージ 1
 
このように、土曜日、夕方でも6ライン止まらない、私がサンプルを作っているのは手前から二番目の5番だ。今迄のサンプルとは、製品の厚さを1,5倍にするという、違いがあった。スリットを入れる装置を、以前より頑丈にし、どれだけの厚さ迄切れるかやってみることも、目的に一つだった。なんだかんだと、修正を加えて行って、サンプルが出来上がったのが、20時を回っていた。何とか、月曜日に持ってゆくことができる。スタンダード ブックルジャ(原料から梱包までの流れ)、スタンダード インスペクシ、そして、チェックシートなども、今回の試作をもとに、作るのは、明日と月曜の午前中になる。適度なプレッシャーが心地いい。
疲れるが面白い。
やれる 確認 プレッシャー

開く コメント(0)

 3752 ウェブサイトを見直し最中で、パンガンダランに関する記事が飛びぬけて多い。とにかく、行った、その都度のことを書き、積み重ねている。その中に、総合的に紹介したページがあった。10年程前の記事だった。20年以上前から行っているのだから、現在は、変っている部分が多くある。そこで、現在を追加してみた。


http://otaenplaext.net/concept64.html パンガンダランへの誘いです。


http://otaenplaext.net/concept99.html ラフレシアの写真です。



ご存知の通り、Ctlキーを押しながらクリックすれば、表示されます。


イメージ 2
イメージ 1
 


首根っこの入り口付近が、リゾート地っぽくなってきていますね。カジキマグロの大型モニュメントと噴水、そして、ライトアップ、また、料金を徴収するゲートも、改築された。そして、そのゲートから入ると、暫く、海岸に突き当たるまで何もなったが、右側にルコが新築されている。


このゲートに向って、右折は出来ないが、右側に、あの海洋大臣のスシさんの自宅がある。ここの発展は、スシさんの影響も大いにあると思う。パンガンダランの空港もスシエアーの専用空港みたいなものだし、パシルプティーの密輸船を銃撃戦の後、座礁させたのもスシさんの指令だと思う。彼女、密漁船、密輸船を拿捕して、爆破してしまう徹底したやり方をする人だ。


イメージ 5
 


とにかく、ラフレシアは、ご機嫌よく会ってくれる機会は少ないが、私の恋人です。これが最後と思いつつ、まだまだ、行きたいと思う。


イメージ 4
イメージ 3
 


これは、コモドではなく、ビアワックです。


 


話は違うが、こんなタイトルのニュースが、有った。『インドネシア、人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 ドラゴンと観光収入の絶滅回避へ』このタイトル、日本語になっていないような気がするが、とにかく読むと、来年から、コモド島を閉鎖するということらしい。理由は、密猟で、コモドの減少が止まらないからだという。変な話だと思う。密猟者は島に入場料を払って入島するわけがない、島の周囲のどこからか、ひそかに入って、出てゆくのだから、観光客が入りゲートを封鎖しても、対策にならないどころか、対策費の収入を絶つことになる。観光客をもっと誘致し、見張りのレンジャーを増やすようにしたらいいと思う。小さい島々が沢山あり、どこからでも、目につかないように上陸できる。コモドを観察するだけでなく、ダイビングスポットも周囲に沢山ある。






最大規模 広範囲 ラフレシア



開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事