全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

(^_-)-☆疲れただけ

 3817 8時からのゴルフ、昨日の火事の場所、皆さんが住んでいるリッポチカランへ戻る途中だ。チカランバラットゲートの方に迂回して帰ったとか、今日、来るときには、現場の過ぎ近くをとおてきた、まる焼けだった、と言っていた。新築だよね、保険に入っているのかな、そんな会話がった。
イメージ 2
イメージ 1
 
 私は、気分を変えて、いつもと、違う道を通って、ゴルフ場に向った。
 
何をかいわんや、きのうと同じような一日、今年も半分過ぎた。毎日何をしているのか、考えさせられる。
 14時過ぎに、誰もいない会社に、鍵を開けてはいる。昨日、シフトの人達が終わる前に、準備をしてくれてあった装置のチャックから仕事が始まった。今日こそ、何とか物しようと取り掛かった試作、あれやこれやで、21時ころあきらめて辞めた。結局、うまくできなかった。疲れただけの、がっかりだった。
 
客先に、今さら、もうできません、というわけにはいかない。根本的に金型を作り直さなければ、どうにもならないと結論を出すしかなかった。その金型のデザインもいくつか考えられるが、どうれにしようか、迷う、また、出来せんでしたというわけにはいかない。明日中に、注文をする。明後日には、昨日作った、こちらは、何とか、サンプルを持ってゆく状態になっているので、それを提出しながら、今日の結果と今後の予定について打ち合わせをする。なかなか、すっきりしない、気が晴れない、疲れは、精神的の方が多いが、増すばかりだ。
 
サラリーマン当時、私が引き受けて新製品へのとりくみがはじまるのだが常だったが、巧くできないとき、上司に、お前が引き受けた仕事だから、俺は知らないよ、と言われていたこと思い出す。今回は、自分に自分が言っている、止めてしまうわけはいかない、プライドが一応あるから。
 
23時に家の戻って、洗濯もせず、直ぐに寝てしあった。
 
正式就任は10月?から。らしいが、当選証書を受け取りましたね。
やり直し 駄目 がっかり

開く コメント(0)

(^_-)-☆節々が痛む

 3817 14時から21時まで試作、止めたが、まだ終わっていない。明日またゴルフの後、試作が待っている。
 
イメージ 5
 6時に家を出てゴルフ場へ、真っ赤な太陽が次第に上がってゆくのを見ながら、今日の始まりだ。皆さんと冗談を言いながら、心地よく、回る。先週、仲間から貰った、“飛び衛門”と書いてるボールを使ってみた。“とぶんだ“というボールとは違うらしい。結果、5%くらいは、距離が伸びたような気がする。心理的な物かもしれないね。ただし、パットが、思うように打てないかもしれない、オリンピックは−2だった。キャディーが珍しく、ボールを打つ出す方向に矢印を向けて、おいてくれるが、その方向に打ったつもりなのに、その方向に行ってくれない。新しいパターのせいか、ボールのせいか、私に腕のせいか、私の腕のせいでしょうね。キャディーが不貞腐れたような顔をする。
 
イメージ 3
イメージ 4
 終わって、レストランでくつろいでいた時、15番の向こうのジャバベカ2のカワンラマの方向から、凄まじい黒煙が吹きあがっているのを見た。その下の方から、真っ赤な炎が、何かが爆発したよう、時々、見えていた。ジャバベカの事務員から、INAと言う会社が火事だと言っていた。INAじゃなくてptdynaplastでしたね。サッカー競技場の南、雪印乳業も近かったですね。ジャバベカ2からチバトゥ高速ゲート、メイカルタなどへの道に近い。何を作っているのでしょうか、爆発したのは何だったのでしょうか。
 
試作はPOMのパイプだった。POM(ポリオキシメチレン)は、かなり特殊な樹脂だ。溶融温度は比較低いが、超結晶性樹脂、正解温度範囲が非常に狭いうえに、熱伝導が早い、歪が大きく残る、などなど、丸棒なども、アニーリングが必要だ。
結果、写真のような状態になる、パイプを立てギルすると、タチマチ、クルっと縮待って、二重パイプになってしまう。これに、パイプを入れて、丸みを戻すために、アニーリングが必須になる。
イメージ 2
イメージ 1
 
22時過ぎに、一段落で、家に戻った。体の節々が痛む。
歪 爆発 試作 

開く コメント(0)

(^_-)-☆G20サミット

 3815 トランプ、安倍 習近平の三人机が狭くていいですね。GDPトップスリー、この三国で世界の何パーセントになるのでしょうかね。安倍さんの晴れ姿ですね。何とか、一つでも言い方、意見が纏まるといいですね。ジョコさんの参加しているが、インドネシアでは、今一、注目度が無い。
 
韓国人にもこういう人がいるのですね。なぜ、こういう人の意見を文さんは、無視するのでしょうかね。韓国人に対する印象、評価、ばっちりとらえていると思う。とにかく、日本が韓半島を守らなければ、中国かロシアの領土になっていた。戦後の漢江の奇跡いわれた経済的急激は発展をしたのも日本の助けがったからだ。
 
日本滞在日が決まった。7月22日〜8月20日の一か月くらい、エアーチケット、ガルダーダエコノミ、羽田で料金は約11ジュタRp(9万円くらい)夏休みが重なる時期でちょっと高い気がする。ゴルフの付き合いが5回ほどある予定だ。
 
日本に短い間だがいる時には、魚の肉を食べるが、インドネシアに居るときには、牛肉を食べる。魚はほとんど食べない。日本食レストランで,サバやサンマの塩焼きなどのメニューがあるば注文するが、その日本syクレストランにも、ここ何年も行っていないような気がする。スーパーで、偶にサーモンやサバを買うが、一週間に一切れしか食べない。牛肉はいろいろな種類で2Kgくらいは食べる。
 
イメージ 1
イメージ 2
これは、800gくらい、100g100円だ。100円ショップで買った調理用鋏で小さき切って、牛肉用のマサコのブンブを入れた大鍋に入れ、ジャガイモや玉ねぎ、バソ、白菜や緑の野菜を一緒に茹でる。沸騰、冷まし、を三回繰り返せば、柔らかく、美味しくなる。そして、ご飯と一緒に食べる。
 
 昼食はほとんど食べないが、食べるときは、ミーアヤムバスの出前を取る。朝食は、ブブールアヤムとブブールサピの時が多い、卵は適当に茹でたり、スクランブルにしたり、おぼろにして、ご飯に混ぜるし、インスタント味噌汁はいろいろ種類の具の物を大量に貰い物があって、それを消費している。日本から持ち込んだ納豆がある一か月半ほどは、毎朝、納豆も食べていた。
身長170、体重は63〜65Kg 胃がないからお腹は出ていない。
イメージ 3
 
いつもの帰り道、椰子の木とサンセット、
G20 正直 食事

開く コメント(0)

(^_-)-☆常識でしょ

 3814 Jokowi-Ma'ruf Nobar Sidang Putusan MK di HalimPerdanakusuma

Calon PresidenJoko Widodo dan Calon Wakil Presiden Ma'ruf Amin menonton bersama sidangputusan Mahkamah Konstitusi di Pangkalan TNI Angkatan Udara HalimPerdanakusuma, Jakarta Timur, Kamis (27/6/2019) malam.

27Juni 2019  |  21:10 WIB

イメージ 4
ハリム・ペルダナクスマのMK裁判所
大統領候補のジョコ・ウィドドとマルーフ・アミン副大統領は、木曜日(2019/27/6/2019)夜、東ジャカルタのハリム・ペルダナクスマ空軍基地で憲法裁判所の判決を見守った。
2019627 | 21:10 インドネシア西部時間
 
差し押さえた資産の現金化には、3か月掛かると、報道されているようですね。ずっと前に、書いたが、現金化するプルセスは、どのようなものでしょうか、作業標準が必ずあるでしょう。
その資産の所有は、既に勝訴した側にあるのだから、誰にでも、どこにでも、買ってくれるところへ売ったらいいと思うのだが。それとも、所有は、裁判所なのでしょうか。そして、裁判所が、競売か、入札か知らないが、高く買ってくれるところに売って、それで、原告人に、現金を渡すのでしょうか。もし、売れなかったり、売った金額が少なくて、渡すお金が足りなかったら、追加の差し押さえをして、現金化の工程をくる返すのでしょうか。
 
大体。差し押さえた、特許権などを買う人や会社はあるのでしょうか、そんなの物を手にれて、どうするのでしょうか。
 
 朝日新聞社の旗は、韓国が戦犯旗と言っている旗のデザインとかなり似ているし、それほど似ていない、デザインの旗や書かれたもは、やり玉に挙げている。しかし、朝日新聞の旗に対しては何も批難していない。何故でしょうか、旭日旗を戦犯旗と非難している人や集団は、それを説明するべきだし、朝日新聞も、何故、例外的に非難されないのか、説明すべきだと思う。
 日本の海上自衛隊は、旭日旗のデザインを、朝日新聞社の社旗に似たようなものも含めて、いくつかのバリエーションを作って、どの旗が避難されるか、されないか、確認したらいいと思う。
そして、これも、何回も、書いているが、韓国は、旭日旗にそっくりだという旗の限度見本を示すべきだと思う。その方が、世界中の人々を迷わさないで済むでしょう。

OKかNGか、判断するには、検査基準書が必要で、その中にはチェックポイントと、チェックの方法とその公差と限度見本があることが必要です。これ、常識中の常識でしょう。2019/06/26に公開

 

Musimkemarau telah membuat sejumlah daerah dilanda kekeringan sehingga terjadikrisis air bersih. Di Cibarusah, Bekasi, Jawa Barat, masyarakat terpaksa mengambilair dari sawah dan sungai. Sementara, di Bogor, ratusan warga berebut bantuanair bersih.

イメージ 3
 
2019/06/26 公開

Kekeringan panjang mulaimengancam kawasan sentra produksi padi di Kabupaten Bogor. Akibat saluranirigasi kering, ribuan hektare lahan padi di empat desa di Klapanunggal gagalpanen. Bahkan sebagian di antaranya dibiarkan terbengkalai tidak ditanami.

 
乾季になって、当たりのように、各地水不足(水飢饉)、干ばつそして、火事、まだ、山火事、森林火災発生していないのがいだ日本は野菜が出来すぎて処分しているようですね。
イメージ 2
イメージ 1
 
夕方、食材の買い物、ファーマーズマーケットの駐車場の様子。ウイークデーの夕方、客が少ない、駐車場が広すぎる。この奥が2番グリーンと3番ティーグランドだ。T字路の正面にあるこのスーパー以前は正面の道から、ぶっつかるように駐車場入れたし、駐車場から出で、左には勿論、正面の道に直進できたし、右にも行けたが、今は、塞がれていて、正面からの車は左折して500mほど向こうでUターンしてこなければならないし、駐車場からでても左にしか行けないから、正面の道に戻るは、矢張り500mほど先でUターンしてこなければならない。チカランバラット近くのカルフールが撤退した理由は、こんな状況だった。ファーマーズマーケットも同じ運命が待っていそうだ。
水不足 限度見本 当たり前

開く コメント(0)

(^_-)-☆気が抜けた

 3813 不思議ですね。今朝、現場を見て回ったとき、約、55年前のことを思い出した。就職した会社の各部門を実習して回っていた時、二か月後、押出部門にいた。作っていたのは、丸棒や板、そして、6ナイロンチューブ(臼井国際に納入するバンディーチューブに使う)とABSのボビンスリーブ(東レが作る繊維を巻く芯)だった。全て、日本の最新技術の物だった。多くは、西ドイツからの技術だった。
 
その現場と55年後の現場とは、押出機が同じだが、そのヘッドから自動カッター迄のラインは、違っている。私が、7年いた間に、改造をして、だんだん、入社時の装置は使わなくした。そして、その会社を辞めて、自分でやっよになって時に、水槽も引取機も自動カッターも巻取機も自分流に変えた。そして、その後45年くらい、太田化工、子会社、孫会社、そして、インドネシアで現在日系三社、そして、今の会社で、そっくりさんのラインが並んでいる。全部で、何ラインあるのでしょうか。40ライン以上あると思う。
 
使いこなせれば、あらゆる樹脂、100mm直径以下の製品(ムク以外)でプロファイル、チューブなどを作ることができる装置だ。1ライン、800ジュタRpで作ることができる。
イメージ 2
 

BeaCukai Juanda Gagalkan Penyelundupan Bayi Lobster Senilai Rp17,3 Miliar - iNewsPagi 25/06

スラバヤ ジュアンダ空港の税関は約1400万円相当のロブスターの幼生の密輸を失敗させた。
 
 
特殊詐欺グループとされる反社会的勢力 闇営業 なんていう言葉が最近にが合わせていますね。誘われてか、自主的にか知らないが、関わったタレントがやり玉に挙がっているが、本元の何とかグループや反社会勢力をやり玉に挙げていないのは、マスコミは、どうなっているのでしょうか。どんな組織なのか、さっぱり報道されていないような気がするが、麻薬類もそうだが、悪の根源はそっちでしょ。
イメージ 4
イメージ 3
 
今日、チューブの製造設備一式を技術込みで購入したいという会社へ行ってきた。見積もりは、装置の詳細も添えて、既に出してあった、価格について値下げを言われた。購買担当が出てきて、どこからかの同じ製造ラインの見積もりを受け取ってあるので、その内容詳細をチェックして、月曜日に採用か否かの結論を出すという。それを、聞いたとき、そうですか、それなら、そっちの装置でやってください、私の方は降ります、と、言いたかったが、言わなかった。
 
その見積もりを出した会社を知っている。そこは、自分の所で、そのチューブを作ることができるが、原料支給では、やりたくないので、装置一式を売るからそちらで作ったらどうかと、装置の見積もりを出してきたそうだ。
 
聞くところにいると、その会社は他社にそのチューブを作って売っているから、その装置は間違いないと言っているらしい。その話を聞いて、矛盾していると思う。変だと思う。日本の特殊な原料のメーカーは、インドネシアでは一社にしか売っていない。私はその一社で、その製品を立ち上げたから知っている。
それなのに、この装置を売るという会社では、その原料でチューブを作っているというのでしょうか、アニーリングのことや内外径チェッカー装置のことも知っているなら、その原料を使っているはず、支給していただかなくても、その、指定原料で、出来ますというはずだ。しかし、原料を自社では、到達できないというのは、辻褄が合わない。
 
本当は、作ったことはないが、私から出した見積もりの装置の詳細を漏らして、その会社に見積もりを出させたのではないかと思ったからだ。その証拠に、一番肝心な、溶融金型、冷却金型が見積もり明細に入っていない。だから、それには、ノウハウ料や技術指導料は含まれていないと思う、ただ、こちらと同じ装置の一揃いの見積もりだと思う。
 
インドネシアに一ライン増えると思っていたのに、この会社に、私の技術指導付き装置を作ってやる気が無くなった。
イメージ 1
 
乾季の夕日、快晴だが、赤くなる
矛盾 どうぞ ディスコン

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事