全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

(^_-)-☆LTCglodok

 3805 15年ほど前からある、グロドック何でもありの店の集まりの北側に、何でもありの、当時、近代的なショッピングモールができた。Lindeteves Trade Centerリンデテベス?人名?ってでしょうか、知らないがいつも、大変、賑わっているというか、一角全部が賑わっている。
 
 なぜ、今や行きたくない場所のトップのジャカルタのグロドックへ行ったかと言うと、一週間以上前から、水を吸い上げて工場に供給するポンプが故障していて、少ししか送れない状態になって、6ラインあるうちの2ラインしか流せない状態になっていた。直ぐ、修理するのか、新しい物を買ってくるのか、眺めていたら、一昨日、新しい物を買ってきて、昨日やっと取り付け稼働させた、ところが、今朝になって、1ライン分の水しか増えないという。そんな馬鹿なと、見てみたら、全くの容量不足、近くのホームセンターで買ってきた、一般家庭の台所用のポンプだった。それで、また、どうしようかと、迷っている。
 
 もう、黙って見ていられない、そこで、コタチカランやリッポチカラン、ジャバベカ周辺のポンプ店を回って、使えるポンプを探したが無い、グロドック行きを決行した。本当に、現在は、ジャカルタ行き、グロドック行きは決行という言葉がふさわしい。 
 10時半ころ、今からグロドックに向かうと電話していった。到着したのが13時、2位間半も掛かった。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
決まったコースで、北から南下し、この歩道橋を目指す、ここは、1998年、大暴動の時、焼け落ちされた場所だ。そして、先日、大統領選期の結果発表にすぐ後に、不穏な動きがあって、98年暴動を思い出されたのでしょう、軍の装甲車が護衛していた。98年暴動の時、リッポチカランモールへの入り口もこんな感じだった。
 
そして、LTCの駐車場に入った。目的の店は知っていて、直ぐに、その店に行った。3HP,一分300ml供給できるポンプを選んで注文した。在庫がタンゲランにあるから、今日は渡せないという。仕方がないから、明日、グラブで送ってもらうことにした。用はすんで、会社へ向かった。
 
 北街道と言うか、ジャカルタの中心を通らず、また、チャワンにも無からず、外環道を使った。これが、一番、渋滞がないと思いったからだ。ところが、プロガドンの工業団地を過ぎたころ、大型トラックの大行列が動かなくなってしまった。仕方がないから、スルポン辺りからカリマラン道路に下りてしまった。ここが、また、大渋滞、ブカシバラットから高速に入ったのが、もう、16時半、クラッチをくり返し踏むので、足の裏は痛いし、攣ってしまって、試練続きだ。まったく、こんな、ところで、日本人の後期高齢者が、悪戦苦闘しているよ、と、自分で思いながらだ。会社へ戻ったのが、18時近かった。
 
イメージ 4
 ブカシバラットから高速に入り、ブカシティムールを過ぎて左の上にLRTのとりあえずの終点駅、ブカシティムール駅を作っていた。何時開業になるのでしょうかね。来年でしょうか、再来年でしょうか。そういえば、カリマラン道のカリマラン川との間でも、道路?鉄路?の工事が進行していた。ブカシバラットのメトロポリタンショッピングモールやホリゾンホテルの北側とカリマラン道の間を通っている。まさかだが、外環道3、と言うことか。
 
イメージ 3
 ここは、昨日の夕日に向かった道を夕日を背中にした。右に曲がればゴルフ場、真っ直ぐでジャバベカ6の工業団地、その手前を右に曲がって狭い田舎道に入るのが、会社への近道。
 
 行くときは、今までと全く同じ、4500Rpでチカランウタマから入って、チャワンで9500Rp払った。ブカシバラットからも東行きはフリーだった、と言うことは、チカンペックウタマ迄、同一料金なのだろうか、と、思っていたが、ジャバベカ1(今は、ここがチカランウタマになっていた)へ降りた時、4500Rpだった。この前、MMからフリーで入った時には3825Rpだった。どうなってるの?どこから入ったのか、どうしてわかるのだろうか。それとも、3825Rpと言う金額は不自然、ちょっとの間のレバラン特別ディスカウントだったのでしょうか。
 
 また、今回、LTCの駐車場からでて料金を払う時に、駐車券と現金を渡したら、現金は受け付けないという、じゃどうすればいいのと聞いたらe-tollでという。e-tollは、いつも、持っているから良かったが、持っていない人はどうするのと聞いたら、ここで、買ってもらうと言っていた。なるほどね、これから、現金では払えない場所が増えるかもしれないね。現金を受け取る人を信用できないのでしょうね。その方が、誤魔化しができないからでしょうね。
 
 また、おやっと思ったこと、ジャカルタ北周りの外環高速にタンジュインプリオクから入ったが、料金が15000Rpだった。グロドックから外環道1に入った時9500Rp支払っている、チャワンからチカンペック高速に合流すれば、後は、チカンペックウタマまで、出るときに一定料金の払えばいいだけだと思うが、なんだか、15000Rp損したような気がする。その上、今回は、ブカシバラットの手前でチカンペック道に合流する筈が、大渋滞のために、カリマラン道を使うことになってしまったし、もう、外環道2は使わない。
イメージ 5
 
 LTCのフードコートの隅のエレベーター近くに、こんな菓子を売っている小さな店がった。一見、和菓子のように見えた。椰子の実の内壁の白い部分、ココナッツの粉末とお米からできている。いろいろな形と色をしたものを一つ一つ買ってみた。店の女性、日本人と分かったらしい、モチだと言っていた。試食をすると、矢張り、ココナッツの味だ。
 
 19時前に会社から外に出て、空を見上げたら、金星が大きく光っていた、その他、沢山の星が見えた。ところが、そのまま、車に歩く途中、空がグルグル回って見えた。自分がふらふらと回っていることに気が付いた、セキュリティーに、太田さん大丈夫?と言われてしまった。体が、ふわふわしていた。何時間もの緊張運転が原因だと思う。無事に家に戻った。パンガンダラン往復の方が疲れない。
グロドック ポンプ 疲れ 

(^_-)-☆ハリボ グミ

 3804 こんな小さい会社でも、バイクがこれだけ並んでいる。中には旦那や家族に送り迎えをしてもらっていつ人もいるが、ほとんど、自分のバイクで出勤している。
 
イメージ 4
夕方、早めに会社から出て、2番と3番ホールの外にあるファーマーズマーケットへ食材を買いに行った。今回は、既に市場が再開しているので、新鮮な野菜や果物が溢れていた。また、約一か月後には日本へ一時期ここをするので、その時、持ってゆくもの、今回は、グミを大量に買って帰ろうかと思っていて、日本ではほとんど見ることができない、recipe from germanyHARIBOを探した。あった、あった、グミのコーナーがあって、ほとんどが、このHariboだった。と言うのも、孫達が、ドイツでよく食べていたことを覚えていたからだ。もう、身長160cmを越えている彼女達、それでも、喜ぶだろうと思って。

 
イメージ 2
イメージ 3

 会社から、出て、背中側がジャバベカ6の工業団地、両側が,ポホン カユ プティーPohonkayu putihの並木、前方、左に曲がれば、ゴルフ場に入るが、今日は、真っ直ぐ行って、ロータリーで左折する。ジャイアンやハリウッドジャンクションを左に見ながら、目的のマーケットに至る。真正面の太陽が眩しい。

イメージ 1
 
 帰り道、ホンダジャズが目に入った。これは、貴重、鉄腕アトムが大きくプリントされていた。ハローキティーや抜刀サイ?や旭日旗はよく見るが、鉄腕アトムは初めてだ。インドネシア人、鉄腕アトム、知っているを知っている人は殆どいないんじゃないかと思うが。日本人だって、もう、65歳以上になった団塊の世代の連中位のもので、今や知っている人は少なくなっていると思う。ちょっと、うれしくなって、写真を撮ってしまった。
 
 シンガポールからアルケマと言う会社の人が、リルサンの売りこみに来た。とにかく、インドネシアで買ってもらっているのは、私の会社だけだから、インドネシアへ商品紹介に来れば,ここへ、挨拶に来るのは当然だ。間もなく、今までの客の他にもう一社客先が増えることを知らせた。と言っても、一か月、100Kgくらい増えるだけだが、それでも、売り上げにして40ジュタRp(約30万円)増えることになる。
 ショッピング 鉄腕アトム ハリボ

(^_-)-☆心境複雑

 3803 どうすればいいの、今回、頼まれて、急遽、製造し、供給を始めたが、その原因は、自社で作っている製造ラインが故障し、生産できなくなったからだ。そして、その製造ラインを勿論、修理して、再び、製造をしたいと、画策している、私にも、その修理というか、どこをどう直せばいいか、どこに頼めばいいか、早く,来てみてほしいと言っている。
 
 いったいどうするつもりなのかがハッキリ伝わってこない。私としては、当然ながら、その押出ラインの復旧の手伝いをしたくないし、修理をして再び生産をしてほしくない。 願わくば、自社製造は止めて、私たちに任せてほしい。ちらっと、そういう話もしてあるが、中古機械として売るなど、使わなくなった装置の処分をどうするかも厄介な問題だ。
 
 そして、緊急に手伝いだしたが、私たちの1ラインだけでは、供給が間にあわない、一応、納品はできても、どんどん、遅れが大きくなる。だから、二ライン、三ラインで緊急に製造しなければならない状態になっている。そこで、今日、押出ラインを持っているが、稼動率が50%くらいのチューブだけを作っている(チューブだけしかできない)会社を訪問して、事情を話し、よろしければ、その会社の手伝いをしてやってほしいと頼んできた。勿論、手伝うからには、自社で作り始めても、一定量はコンスタント注文を保証することを前提として、話を勧めた方が良いと言っておいた。どうなるでしょうか。一応、私が出きることはしたと思う。
イメージ 3
イメージ 2
 
 外観から、チバトゥインターとチカランバラットインター直近のアパート、ホテル、ショッピングモールなどの総合ビルの完成がまじかだと思う。
 
交通事故が派手に起きていますね。
イメージ 1
 

Kecelakaan Beruntun yang Tewaskan 12 Orang di Tol Cikopoakibat Sopir Main Hp

運転手携帯をいじっていた
 
2019/06/16 に公開

6 orang meninggal dunia danpuluhan lainnya terluka dalam kecelakaan maut di kilometer 150 ruas Tol Cipali,Majalengka, Jawa Barat. Kecelakaan diduga terjadi akibat sopir bus mengantukhingga pindah jalur dan menabrak dua kendaraan.運転手の居眠りが原因

対策 緊急 不透明

(^_-)-☆緊急手伝い

 3802 自社で作ってそれをその他の部品と組わせて製品を作っているいくつかの会社の一社から、自社の押出ラインが故障してしまい、直そうと画策したが、今のところどうにもならない。組み立てる製品の納期は過ぎてしまった。太田さん、何とかして、と言うことになった。日本人からも、プロダクションコントロールの責任者からも、頼まれた。押出ラインの修復は勿論頼みたいが、製品をすぐ作ってほしい、直ぐです、と言う、木曜日に来て、とにかくすぐにと。
 
 その製品、20年ほど前に、私がキタガワ時代に供給した製品、今は内製で作っている。他のサイズのチューブもあって、それは、私がナンブ時代に引き受けて、今、ナンブから供給している。それで、今回のトラブルで取引があるナンブに頼み込んだが、無理だと言われて、私の所に来た。勿論、知っている製品だし、知っている担当者だが、直ぐにと言われても、金型が無い、装置もない、どうしても,何とかしてほしいというので、最短でいつから出きるか、“一休さんのポクポク“で、暫く考えた。そして、出た答えが、金型は、今持っている金型を修正する、装置も金曜日に改良する、原料は、今日のうちに100Kgほど、彼らの会社から届ける。金曜日の夕方から、トライをし、製品サンプルの評価を直ちにして、そのまま生産を続ける。土曜も今日、日曜も続ける、製品は、彼らが受取りに来る、その時、原料も待ってくる。とうことにした。
イメージ 4
 
 そして、その通り、今日も製造を続けている。オーバータイムである。それなりの費用は頂く。そして、先方の押出ラインに関しては、どうしても、私にチェックをしに来てほしいというので、私が直すわけではないが、悪いところ、直さなければならないところを指摘してやることになる。その後、どうなるのでしょうか。直れば、自社で作るのだから、内への注文は無くなる。どうなるでしょうか、もう社内で作るのは止めたら!!その装置、使えなくなったのは今回が初めてではない、過去、何回か、故障するたびに呼ばれた。簡単に直るば良いもあるし、三日四日掛かった時もあった。もう、20何年も使って、あちこちが痛みだしているから、たとえ、直したとしても、動かなくなる頻度も増える。もう、売ってしまったら?という話もした。
 
イメージ 2
イメージ 3
 ゴルフの最中、何かの催しのお囃子?太鼓や鐘の音が大きく、賑やかに聞こえてきた、オドンオドンだ。小さい子供の割礼のお披露目だ。田舎なので、その町を巡回する習慣が残っている。私の会社の方向から聞こえてくる。終わって会社へゆく途中、その行列に遭遇した。
 
 日本にも各驟催しの手伝いや段どりする会社があるように、結婚式やお祭りの段取りをする会社がある。それらの会社が、オドンオドンも、金額に寄るが、こんな具合に、するのです。
 
イメージ 1
 ゴルフ場に到着し、バッグを下ろす場所、プレーや―のほとんどは、ここで降りて、受付に向かうが、私は、下りないで、バッグだけおろし、駐車場に車を置いて、ここに戻る。その時見る様子だ。
緊急 なんとか オドンオドン

(^_-)-☆なんとか

 3801 腰が痛くて、眠れなくて、それでも、眠ろうと横になっている内に、眠ってしまった。アラームをセットするのを忘れていた。目が覚めた時、外がかなり明るい、時計を見た。7時丁度、ティーオフは7時12分、飛び起きた。直ぐ身支度をして、家を出たのが7時10分、顔を洗わず、ひげも剃らず、最低必要品だけ確認して出た。直ぐに、仲間に電話をした。10分遅れると、昨日は、腰が痛くて、参加できるかどうか気にしていたのに、腰が痛いことは痛いが、キャンセルは全く考えないで、とにかく出た。ぶっ飛ばして、7時20分に到着、いつもなら、自分で駐車しに行くが、今日はバレットと言って、係の人にそれを任せて、直ぐにカウンターに向った。トイレにもよらず、走って、スタートホール一番に向った。2フライトの1組は、既にスタートしていた。私の組は、前が空いて、打てるようになるのを待っていた。間に合った、ガバット起きてから、25分でティーショット、腰が痛い事が、ティーをセットするために屈んだ時に、気になりだした。
イメージ 3
 途中、無意識に腰を抑えている時が多かった。それでも、何度か、気になった程度で、何とか、ひどくならずに終わった。これなら、明日もやれる。
イメージ 2
 
この病院、アスリ メディカという。田舎の地方病院といった感じ、ジャバベカには、新しい総合病院がいくつもできていて、この病院、あまり、行く人がいなくなったという。インドネシアは全ての病院が救急医だ。どんな小さな、個人開業医も24時間受付だ。そりゃ、個人医の都合で休むことはあるが。だから、日本のように、救急担当医院、病院という制度はない。
 
13時ころ終わって、ゴルフの後、いつもは会社に寄るが、今日は寄らずに、直接、家に戻った。そして、直ぐに昼寝、目が覚めたのは、足が攣ってしまった時で、18時を回っていた。腰の痛みはより和らいだが、念のために、大きな膏薬を貼った。よく眠った。
イメージ 1
 
久しぶりに,二つ水面から出て咲いている蓮が姿を現した。
膏薬 病院 和らいぐ

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事