全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 
 で、やっちゃったのは何かというと、から足はいた後、足を替えて、前屈みになったとき、ギックッと腰に来てしまった。完全な前屈みになる前、前屈みを仕掛けた時だった。そして、直ぐに、両足を着いて、腰の状態を確認した。ゆっくり、背を伸ばし、少しつかえがある。それでも、ちょっと、腰に手を当てて、反るようにしてみる。それほど痛まない。その時、思うことは、会社へ行けるか、明日のゴルフができるかの確認だ。
 とりあえず、会社へは出勤し、出来るだけ動かないようにしていた。ゴルフのスイングの真似をしてみたが、大丈夫のようだ。明日、起きたときに、今以上に悪くなっていないことを期待する。
 
 日本でなら、我慢をしていないで、近くの整形外科へ行って、注射をしてもらえば、たちどころに直ってしまうが、インドネシアではそういうわけにいかない。日本から持ってきた膏薬を貼って、出来るだけ、動きを少なくして、我慢をし、自然に治るのを待つだけだ。
 
酷いときには、腰を90度前に曲がったまま、起こせないこともあった。前かがみのまま、車に乗って運転し、前屈みのまま、待合室に入って、そのままの姿勢で医者の前に行き、注射をしてもらって、直ぐに、背を伸ばせるようになったこともあった。
イメージ 2
 
今朝は、そんな状態で、15Kgのアクアボトルをディスペンサーに乗せた。もう、作業がやっとになってきている。
イメージ 1
 

Pria yang Gadaikan Istrinya Sendiri Rp250 Juta keTetangga, Ternyata Bunuh Saudaranya Sendiri

隣人自分Rp25000万Rpの借金の形に自分の妻を入れた男、自分したらしい。
このニュースの中で、私が注目するのは、55秒のシーン。手錠のとして結束バンドが使われていることだ。
結束バンド、って、見たことがあると思う。若かりし頃、50何年か前、スパイラルチューブ、コイリングチューブ、エッジング、押出グロメット、自在ブッシュなどと共に、結束バンドの開発、製造に関わった、当時、原料は66ナイロン、デュポンのザイテルを使っていた。ナチュラル色で黄色ぽかった。今やインドネシアでこういう使われ方をするとは、誰が想像したでしょうか。
ギックリ サニボン 結束バンド

(^_-)-☆不向きが多い

 3799 今の会社では、システムとしての品質保証をしにくい、多くの客先が求める、品質管理の環システムを整えることができる環境ではない。オーディットを受けて、評価される状態には遠い。と言うことで、たとえ、製品を作ることができても、取引ができる状態ではないと、思われてしまう。
 
製造業の立地としては条件が悪すぎる。頻繁に停電をする。ここの工場分譲地の全体が舗装をしていないため、雨季に泥んこ、乾季には埃が舞い上がる。構内の車が通る場所は凸凹が増えるし、深くなって行く。虫が集まって工場内に入ってくる。地下水の質が最悪、ポンプが頻繁に壊れる、製造に使うバキュームポンプの錆びが酷いし、不純物が詰まったり、羽を壊したりする。
 客先になろうとしている会社の他人が見えたときに、そういう事態が起こることもしばしばで、停電になったときには、そのショック状態を目撃することになる。当然、こりゃ、取引は無理だと思われる。
 私も、こんな工場に注文は出したくないと思う。
 
 現在、もう、広さも足りない、装置を増やすことは出来ないし、様々の在庫の管理も難しくなっている。
 
当然だと思う。私が客先だったら、気になる事が多くて、取引をしないでしょう。ということで、そういう会社から、自分の所でやりたいので、手伝ってほしいと言われて、その会社へ行ってきた。レバラン休暇前には、私の方から、自社内で作ったらいかがですかと、提案はしてあった。装置の見積もりを至急出すことになった。
イメージ 3
 
訪問した会社のロビーから、
 
イメージ 2
 学校は、レバラン休みだと思うが、まだ、始まっていない、休みが続いているようだ。2週間以上休んでいる。
インドネシアの学校って、授業時間は午前中だけのようだし、給食はないようだし、グランドなんてないし、算数や国語の授業より宗教の授業時間の方が多いようだし、制服は曜日による何種類もあるようだし、バイクで通っている子供が多いようだし、とにかく、日本の学校と状態が全く異なる。
 
 従業員が故郷からの土産を持って帰り、それを、キャンティンに置いてある。私にどうぞと持ってくるが、素朴でいいが、味や硬さが私には合わない。ちょっと味見をするが、食べたいとは思わないから、そっと、キャンティンに返す。
 自社で 提案 技術指導
イメージ 1

(^_-)-☆早速往来

 3798 日系企業は今日始まりが多いような気がする。早速、休み中に色々テストした製品を客先に届けた。使えるかどうか、客先でのテストの結果を待つが、他の形状で金型を作っているので、そちらの方との比較になる。まだ、日にちが掛かる。
 
 私が20年ほど前から手伝っていたPT,KOHNOという会社がEJIPにある。洗剤などのボトルの上に着く、ポンプ付きのキャップを作っている会社だ。ポンプの下に、ボトルの底近くまで届く、パイプやチューブを取り付けてある、その、チューブを提供していた。今は、私が立ちあげたNANBUが提供を続けている。しかし、社内でもパイプの製造をしている。今回は、その社内の製造が、ラインのトラブルで、出来なくなってしまったといって、私にそのパイプを作ってほしいといってきた。その装置が直るまでのことだと思うが、その装置を治すことも頼んできた。
 
 Jum'at, 17 Mei 2019

Pekan Depan, Transaksi di GT Cikarut Dipindah ke GTCikampek Utamaとっくに、こういう情報があったんですね。知らなかった。と言うのも、チカランウタマのゲートを5月初め以降は使ったことがなかっったし、チバトゥやデルタマスから入ってジャカルタに向かうこともなかったからだ。今日も、使った訳ではない、通ったわけでもいないが、ジャバベカ1から入った時に、どうも変だと思った。ちょっと以前から、チカランウタマのゲートをボンカル(破壊、壊す)という、ニュースがあることを知っていたが、使わなくなったということを知らなかったから、一体何のこと?と、思っていた。それが、今日、納得した。分った。

 
チカランウタマのゲートは使わなくなった、チカンペックウタマにその機能を移したということを、そういえば、パンガンダランへ出発する時、チバトゥから入ったが、ゲートは開きっ放しで、e-tollの残高チェックもできないで高速に入ってしまった。どこで、払うんだろうか、ゲートが、必ず、新しくできているはずだと思いながら走っていたことは、その日に書いた。
 
 今日は、高速に入ってMMに向ったが、フライオーバーから下の元チカランウタマのゲートがジャカルタ方面,無くなっているのを見た。ただし、ジャカルタ方面から東に向かう方のゲートは、まだあったので、まだ、使っているのかなとも思った。
イメージ 2
 

 そして、MMからの帰り、チカンペック方面(東行き)は、今までとずっと同じで、ゲートがない、e-tollも翳さない。ジャカルタ方面(西行き)に関しては、ゲートがあるので、払って入るのか、ここで入ったという証拠のe-tollを張り付けるのか、今までのことを知らないし、今日のことも知らない。でも、多分、いくらか払っているのだと思う。

 と言うのは、私が、ジャバベカ1から入った時、以前は4500Rp払って入った。だが、今日はいくら払ったか見なかった、と言うのは、今まで通り4500Rpと思い込んでいたからだ。
 
イメージ 3
 そして、帰り、チカンペック方面に入った。チカランウタマゲートだったところの手前から左の道に入り、ジャバベカ1の出口に向かう途中、ジャラン トゥルース ティダアダ トゥランサクシの表示が見えた。ゲートは、まだ、壊されていないが、使っていないことが分かった。
 
それをみながら、出口に向かった。そして、払った金額が、中途半端な3825Rpだった。MMから入ったという証拠はないから、MMからの金額ではない、もっと、ずっと、ジャカルタ方面からも、この金額のか。それとも、チェックないしで入ったMMからだけがこの金額で、その西のタンブンは、入ったという証拠を残すためe-tollを張り付けて入るのでしょうか。今日の所は、分からない。
 
ジャラントールに入るとき、①フリーでジャラントゥルースと、②払う必要はないが、ここから入ったという証拠の為にe-tollを貼って、ゲートを上げて入ると、もうひとつ、③入るときに金額を払って、ゲートを上げるの、三つの入り方がある。それらに従って、出るときは、①フリー、②支払う、③途中のゲートでそこまでの金額を払って、もっと、先で出るときに、また払う。の三つの出方があるようです。
 
慣れない人は、ちょっとストレスになりそう。フリーで入る場合は、e-tollの残高を知らないまま、入ることになる。
 
今日訪問した客先から、POMで、同じ製品を作るように、依頼された。成形もPOMは、難しいが、原料入手が滅茶苦茶むずかしいし、面倒だし、価格も分かりにくい。それでも、何とか、結果を見たいというし、引き受けることにしたが、明日中に見積もりを出す。インドネシアでPOMの押出をやっている会社はないはずだ。だから、原料を扱ったことがある商社もないはずだ。
イメージ 1
 
ここは、ジャバベカ5の入り口だ。ジャバベカ1のゲートを出て、会社に戻る途中、一番の近道はここを通る。
廃止 料金 支払い方

(^_-)-☆短粒米

 3797 私が食べている米です。インドネシアのお米、以前と違って、短粒米が普通になっている。ナイゴレンにはパサパサした、長粒米が向いているといわれていて、その方が良いという人もいるが、矢張り、売れ筋は、日本のお米と同じように、甘みが多い物、おにぎりを作りやすい、多少粘り気のあるお米(beras)のようだ。以前は、ご飯を炊くときに、お米の三倍の水だったが、この米は、2倍が丁度いい。3倍などにしたら、半お粥になってしまう。
イメージ 2
 

PemutihPengawet Pewangi プムティ プンガウェッ プワンギですね。それぞれ、“漂白剤”“白くするもの”、“保存料”“防腐剤”、“芳香剤””香水“という意味ですね。Tampa タンパは“抜き“”含まれていない“という意味ですから、自然食品ということを強調しているのですね。

PeとかPenなどは、物や人や道具などを表す、例えばputihは、“白“ですから”白くするもの“ということです。Wangiは、”良い匂い(香り)”ですから、匂いをよくするもの、ということになりますね。このawetというのは、“丈夫”ですね。
 
余計だが、Gawat!ガワッと言うと、シマッタ!ヤバイ!という表現ですが、私の周りでは、あっているかどうか、ちょと長いが、“アフタフロアラディ〜〜ン”と聞こえてくることが多い。
 
そして、このお米で、甘酒やお酒を作って、皆さんに提供している。私の甘酒作りは夕方始める。
お米100ccを200ccの水で、食べるときと同じように炊く。
炊き終わっも、炊飯器の中に入れたまま、保温状態にしておく。
100ccの水を注いで、温度を下げながら、かき混ぜる。
米麹を100ccほぐして加えて、よく混ぜる。
蓋をしないで布巾などの布を被せる。
最初は一時間ほどの間隔で数回、混ぜる。
徐々に、しっとり、そして、甘みが増していることを確認する。成功だ。
 寝る前に保温を切って、蓋をし、自然に冷やす。
 朝、一応、出来上がっていることを確認し、容器に移す。
 簡単でしょ、炊飯器の温度条件が適しているのだと思う。採点も甘いが、甘すぎなくて、私に合っている。
 
イメージ 1
一方通行にして、渋滞が緩和されたと効果を強調する警察の報道より、渋滞の時間がかなり長いと思う。まだ、途中から、今どこ辺りと写真を送ってくる従業員がいる。
短粒米 甘酒 水の量

(^_-)-☆最大の観光地

 3796 インドネシア最大の観光リゾート地です。ここ程人出が多い観光地はありません。そして、そのほとんどの人はラフレシアがジャングルの中にあることを知りません。そして、泳ぎません。 http://otaenplaext.net/concept64.html これの地図で場所を確認できます。

ArusLalin ke Kawasan Wisata Pangandaran Macet 10 Kilometer

Memasuki hari ketiga lebaran, arus balik dari arahPangandaran menuju Banjar, Ciamis dan Bandung mengalami kepadatan yangdidominasi oleh kendaraan pribadi dan roda dua. Kemacetan terjadi disepanjang pintu keluar baik Timur maupun Barat. Tumpukan kendaraan terjadi ditolgate Barat hingga di perapatan MTS depan Terminal Pangandaran dengan panjangantrean mencapai 5 kilometer.

 
https://www.youtube.com/watch?v=vjYO8PsiR5c このビデオ、正面のゲートが詰まっているからでしょうか、手前で右に曲がり、バスターミナル方面、西のもう一つのゲートを目指そうとしたが、そちらの方がもっと渋滞だし遠いことが分かって引き返してカジキの所に戻った。このビデオのほとんど終わり、06;00の所の道の右にカジキ、左にスシさんの家がある。
イメージ 3
 
カジキの正面のゲートが詰まっている場合は、カジキで左に曲がれば、正面のゲートより近い東海岸側に向かうゲートがあるのです。そちらは、知られていないので、渋滞がないはずだ。

 anyaknya pengunjung kawasan wisataPangandaran pada libur lebaran tahun 2019, arus lalu lintas di sepanjang jalurmenuju daerah di ujung timur Jawa Barat ini pun mengalami peningkatan, bahkansampai saat ini jalur ke Pangandaran macet cukup panjang hingga 10 kilometer

 
パンガンダランの1000分の1くらいの紹介ビデオです。カジキの噴水の向こうの正面ゲートから、リゾート地域に入って、真っ直ぐ西、インド洋海岸をめざすと、その突き当りの公園です。この辺りは、まだ、ホテルやロスメンやプンギナパンは殆どなく、地上、海岸の景色もそして、人出も多くない。左(南)の向こうに、見える半島(チャガールアラム、私がラフレシアを求めてはいるジャングル)が見える。その根元辺りに大部分の観光客は大集合する。多分、今回の連休の内、レバランの5日の夕方から、バンドゥンやカラワン、ブカシ辺りから、ムディックとは違う観光客が押し寄せたと思う。ライフガードの話によると、6,7,8,9日、それぞれ4万人くらいが海岸を埋め尽くしたとお言う。私がいたのは、4,5日でした。
あの有名は、海洋大臣のスシ女史が所有のスシエアーの紹介です。パンガンダランのメインゲートに近くのスシさんの自宅あり、スシエアーの事務所は、ゲートを入って真っすぐい行った左にある。空港は、西へグリーキャニオンへ向かう途中15Kmほどの地点にある。ジャカルタのハリム空港とセスナで一日二往復便があるといわれている。日本人も測量や地震関係の仕事の人が、偶に、これを使うらしい。
イメージ 2
 
先日、行ったときに、以前パシルプティー(白砂海岸)に座礁させられた密輸船はそのままあったが、その沖に座礁船が一隻増えていた。これも、銃撃戦の後、座礁させられたという。景観的には良くないが、スシ大臣の専売特許、密輸船、密漁船を座礁させたり、爆破してしまうこと。
パシルプティーの紹介だが、シュノーケリングやダイビングには向かいない、座礁船はあるし、浅いし、ほとんどサンゴが破壊されている。半島の東の徳利岩(帆掛け岩)Batu layar辺りがお勧め。
 
イメージ 1
 仕事始めの今日、朝、稼動前。何人かは、まだ、戻ってきていない。今日、ムディック先からUターン中というヘニー君家族、大渋滞にハマっているという報告が入っていた。
 
食品材料が底をついてしまったので、ショッピング、
仕事始め パンガンダラン 最大観光地

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事