全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

(^_-)-☆ポリューション

 3860 pollution Polusiです。ジャカルタの乾季のヘイズ(haze)というか、ポリューションというか、ますます、酷い環境になっているようだ。 

Gedungbertingkat tersamar kabut polusi udara di Jakarta. Berdasarkan data "AirQuality Index" tingkat polusi udara di Jakarta berada pada angka 154 yangmenunjukkan bahwa kualitas udara di Ibu Kota termasuk kategori tidak sehat.

 ジャカルタの大気汚染の霧の建物。データに基づくと、ジャカルタの大気汚染レベルは154で、首都の大気の質が不健康のカテゴリーに属していることを示しています。
イメージ 5

Adapunindeks kualitas udara (air quality index/AQI ) Jakarta pagi ini berada di angka163. Angka tersebut menunjukkan kualitas udara di Jakarta berada dalam kategoritidak sehat (151-200) dengan kandungan polusi PM2.5 sebesar 79,7 mikrogram/m³

今朝のジャカルタの大気質指数(大気質指数/AQI)163位です。図は、ジャカルタの空気の質が79.7マイクログラム/m³のPM2.5の含有量汚染と不健康(151-200)のカテゴリであることを示しています。

 
ジャカルタの中心地、スマンギからの様子。
 
 インドネシアの犠牲祭は11日だったと思う。日曜と重なっても、日本のように月曜が休みと言うことはない。日曜だったし、ほとんどの人はポトンカンビンの会場に出かけてしまったのでしょう。ジャカルタの空気は少しだけ、澄んでいたそうだ。
 
イメージ 3
イメージ 4
 連日の猛暑、ACを使い30℃前後にした部屋から出るのは、気が進まないが、閉じこもりは苦手だ。振替祭日休みだし、お盆休みでどこもかしこも休みだ。ゴルフの予定もない。PCとTVの見張りだけをしていては、体が、おかしくなる。そこで、暑くても、散歩jalan-jalanに出かけるくらいしかない。国道を東に向ってみた。13時過ぎ、誰もいない、車も自転車も、ほとんど無い、ほとんど、ゴーストタウン、人間はどこへ行ってしまったのでしょうか。これじゃ、大気汚染しようがないともいえる。
インドネシアの道状況とは別の世界だ。1時間ほど速足で歩いた。
イメージ 2
 
買ってきた庭のランプをエントランスに並べてみた。
イメージ 1
 
20年以上前から、ここにあった簡易トイレ、縄で縛ってあって、開かずのトイレだった。
 ポルシ ヘイズ ジャランジャラン

(^_-)-☆墓参

 3859 先日富士へ行った帰りに、旧国道1号線で静岡方面に帰る途中、富士川町の墓によった。ちょっと早いが、つい出て言うことで、墓参り。この時期、富士川の向こうに大きく見る富士山は全く見えないが、周りの近い景色はいつものように、兎追いしかの山、小鮒釣りしかの川は、よく見えた。
 
 父親が亡くなったとき、先祖代々の墓場があるお寺の墓地の一角に、父親の為のお墓を、将来、自分も入るだろうことを想定しながら作った。27年前、私が50歳のころ。太田化工の社長を辞めて、顧問に退いた頃だった。
 
イメージ 1
  清源院墓地の北側は、ほとんどミカン山、今は、東名高速道路ができてから、簡単に行けなくなっているが、子供のころには、当然、何の障害もなく、山に登って、たもや鳥モチで、昆虫採集やメジロ取りをしたり、ミカンの収穫の手伝いをした山だ。今は、登ることはないが、富士川サービスエリアの方を迂回し、富士川の西岸を行けば、この山の向こう側にあるリバー富士カントゥリークラブに行く機会がある。
 
イメージ 2
イメージ 3
 南側は、見下ろす、真下に富士川、旧国道一号線の橋が見える、その富士川を富士の方から来ると、渡り終わった突き当りに太田石材店がある。今は、ここは事務所兼住宅になっているが、子供のころはおじさんの石材加工の工場だった。工場内でもよく加工の様子を眺めた。橋と石材店とお墓が一直線状になる。
 そして、富士川の向こうには、富士の街、工業地帯、駿河湾、田子の浦、もっと向うには愛鷹山、伊豆半島が広がっている。思い出が次々と蘇る場所だ。
 
 東側には、直ぐそばに、富士川サービスエルア、観覧車が見える、歩いて20分ほどの距離、その向こうに雄大な富士山が見る、今回は雲の中でした。
 線香をあげ、合掌。
 
全く、余計なことだが、インドネシア語で“ボサンbosan”は、“退屈”と言う意味です。“飽きる”“面倒な”と言う意味もあ。私は結構使う。
墓参 故郷 思い出

(^_-)-☆タピオカ

 3858 日本ではタピオカの飲み物?が、話題になっているようですね。 tapiokaTupung Singkong タピオカはインドネシア語でシンコンの粉(でんぷん成分)だと思う。Cassavaキャッサバともいうようですね。インドネシアに居るときには、テンペと同じくらい、頻繁にシンコンを食べる。タピオカなんか食べたことはない、その元の元を食べている。シンコンに味はない、スタイルはお芋、田舎へ行けば、道端にあるし、あぜ道にもある。至る所にある。収穫できる姿は、直径2cmのひょろっとしたイボイボのある木、高さ1m〜1,5m、が多い。上の方に葉っぱが茂っている。特徴がハッキリしているので、誰でも、これはシンコンと分かる。栽培は簡単、その木を何cmかにきって、地面に刺しておけばいい、そういう状態も道端でよく見る。肥料や手入れはいらない、放っておけばいい。葉っぱは食べるし、根っこも食べる、木は燃料になる。捨てるところがない。保存がきく。食べるものがないときには,これでしのげる。そのために、どこの田舎でもこれを植えてある。
 毒があるので、日本では、皮つきの自然のままでは輸入禁止らしい。皮をむいて、長時間水に付けたり、長時間保存しておけばいいらしい、茹でたり、揚げたりすれ、問題ない。私は、ゴレンガンで、美味しく食べている。
イメージ 4
イメージ 3
イメージ 2
 
イメージ 1
 
 孫の吹奏楽コンクール県大会の様子を見に、富士のロゼシアターへ行ってきた。広い会場、10時開場に9時半に着いた。50Mくらいの行列ができていた。会場時には100Mイになっていたが、入って座ってみると、がらすき、前から4列目の真ん中に座った。孫の学校の出番は、2番目、10時半、クラリネット、一番目立つ位置に座って吹いていた。終わって、立ち上がって挨拶の時に目が合った。
 11時過ぎには出てきてしまったが、23校が終わるのが17時過ぎ、成績発表は18時過ぎとか、20時過ぎに孫が帰ってきて、成績は16番だったとか。やはり、浜松の学校が上位を占めたらしい。私には、前回もそうだったが、巧い下手は全く分からない、評価する人は、想像ができない能力を持っているのだろうなと思う。
シンコン タピオカ ゴレンガン

(^_-)-☆庭の整備

 3857 庭に盛り上げられていた剪定した木や枝、そして、大量の葉、枯れているが、表面だけが乾燥していて、その下というか中は、水分を吸っていて、重く固まっていた。それを、家に戻ってから、広げては乾燥させ、少しずつその山を、そして、範囲を小さくしていった。水と土曜日が粗大ごみの回収日、少しずつ、出していった。そして、今日、やっと、平らになるまで広げることができた。ただし、かなり湿っているので、乾燥させている。明後日、これらの乾燥をまって、袋に詰めようかと思っている。完全に、元の平らなきれいな庭に戻るはずだ。そして、それは、多分、妻の家庭菜園の肥料になる。
イメージ 1
イメージ 2
 
 帰ってきたときの庭の様子と今日
 
 インドネシアから持ち帰ったブブール(お粥)アヤムとサピの二種類あった。ほぼ、毎日、夜食として食べていたが、ほぼ、なくなってきたので、近くのコンビニで、日本のお粥を何種類か買ってきて、チョバしてみた。私にはインドネシアの方が合っているようだ、日本のは、味の素の物だった。インドネシアのブンブBumbuは、味の素のMASAKOやSAJIKUを使っている。
イメージ 3
 
 話はインドネシア語になるが、味の素、この出汁類の名前、巧く付けたものだと思う。Masakoは、Masakマサッ、は、料理をするという意味と日本の女性の名前、マサコを掛けたものだし、SAJIKUは、Sajiサジは、ご馳走するという意味で、Kuクは、私と言う意味だ。私のご馳走と日本語の匙を掛けている。それは、日本人だけが分ることで、インドネシア人には分からないが、その出汁の名前は、インドネシア人に分かりやすい、どこのスーパー、コンビニにも、様々な料理に合うように普通に、多種類、置いてある。
 
 大衆受けを狙ったパフォーマンスでマスコミに登場する機会が多く成っている立花なにがし、代議士になったらしいが、山本なにがしと共に、彼ら、代議士にならないで、一般人として、主張をし、行動するなら、応援をするが、税金の無駄遣い者だと思う。NHKは彼らを無視することをお勧めする、韓国の文なにがしと同じ種類の人物だね。
 ま、最も、その他にも多くな、無駄な代議士がいる、矢張り、参議院は無くすべきだ。
庭 お粥 出汁

(^_-)-☆酷暑のゴルフ

 3856 また、山の中のゴルフ、海まで10kmくらい内陸だが、完全な山岳地帯。コースの起伏が激しい上に、狭い、両側は、登り閣下りの急斜面、そして、登り側は木や草が生い茂っている。また、曲がったこうすーも多く、ほとんど、直角に曲がっているコースも3箇所ある。前回の富士山の中腹のゴルフ場もそうだったが、フェアウェーの起伏も激しいし、バンカーも多い、そして、今日の暑さ、水をがぶがぶ飲みながら、何とか無事に終わったが、疲れた。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 1
 
こんな山岳地帯でも、ティーショットの後、2打目地点までカートに乗るが、それ以降は歩く、他の人は、いちいちカートに戻るので、それに、合わせていると、カートに座っている待ち時間が長くなるので、私の性分に合わない。そして、まだまだ、十分歩けるし、日本にいる間、家中心に生活していると、座っている時間が長くなり運動不足に成りがちなので、そういうことから言っても、ゴルフ場ではできるだけ歩くことにしている。
 
それでも、今日は一寸、過酷だったかもしれない、帰りの車の中、攣ったことがない足の付け根が攣ったしまい、途中、コンビニの駐車場で、直るまで待ったのが、二回あった。
 
 今回は、誘ってくれる方の体調と言うか、足の具合が悪いようで、本人はやりたいのだが、無理ができないらしい、当初、インドネシアに連絡がった、予約日が二回,キャンセルされていた。そして、後、最後だからと、私が出発前日の19日だけになった。それも、どうかな、キャンセルになるかもしれない雰囲気がある。
 
 Kendaraan menerobos kabut asap akibatkebakaran lahan di tol Palembang-Indralaya, Sumatera Selatan, Rabu (7/8/2019).スマトラのパレンバンインドゥエアラヤ高速道路のスモッグ土地の火災による。
 ジャカルタの大気汚染は深刻なのだが、乾季に入っているインドネシアでは、全国各地の主要都市で汚染が酷くなっている。どこの都市でも、サンセット近くの太陽はオレンジと言うより赤になっている。ハノイ、ドゥバイに続いいて、ジャカルタのお会い機汚染度は世界で三番目だとか、一番じゃないの?と、思うくらい、ジャカルタ方面を見ると、青空の色と明らかに違う、ドームがある。
 ジャカルタに住んで、東方面の工業団地に通う人は、チカランやカラワンに住み替える人が多く成っている。
 
イメージ 5
Ilustrasi kondisi udara di Jakarta ジャカルタでの空気の状態の図
過酷 汚染 急斜面

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事