見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]


これは特に換声点が顕著な低声・・・バス、バリトンに有効です。

下記の動画の中盤部分の跳躍音階による発声練習パターンで・・・

アッポジオに寄りかかることで胸声から自然にアクートに変化し(バリトンの私の場合「ミ」)、更にアクート〜ソプラクート(私的にはあくまでもアクートの延長)までが統一された響きで繋がるか!?・・・で決まります。

要するに喉で押さえ、力尽くのアクート擬きでは、ソプラクートはファルセットやミックスボイスで誤魔化すしかない!・・・と言う事です。

アクートは車でいえばオートマ車です。胸声〜アクート〜ソプラクート迄が全てアッポジオに寄りかかりながら滑らかにつながって行きます。

アクート〜ソプラクートへの移行でマニュアル車の如くノッキングが起こる・・・声質が変わると言う事は・・・アクート自体に問題があります。多くの場合、アクートではなく喉で詰めた団子声・飲み込んだ声の様です。

結局はパッサッジョ域で声を詰め切ってしまっているので・・・一度ニュートラルに入れ替えてソプラクートをファルセットやミックスボイスで誤魔化さなければならなくなるのです。

これを可能にするのがアッポジオテクニックです!!

もう一つ・・・パッサッジョ域を苦し紛れに開いて通る「アペルト」・・・、これでは何時まで経ってもアクートは生まれません。

残念ながら何れもメイド・イン・ジャパンの発声法の様です・・・イタリアン・スタンダードではありません。

アクートは胸声とは全く異なる増幅された響きと感情の高揚を表す強烈なビブラートが特色です。録音してみると・・・いくらピークを抑えても振り切れてしまうほどです。胸声の波形とは著しく異なります。


【K-メソッド】 


【胸声〜アクート〜ソプラクート】




【更にアッポジオに寄りかかる事でソプラクートまで広がります・・・HIGH-C】



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事