見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

国内外を問わず、バス。バリトンで一流と言わしめる歌手は皆・・・

アクートを「絶対に声で歌わない」・・・この一言に尽きます!

・・・と言うかテナーも含めてすべての男性歌手の成熟度は「この一声・・・アクート」に集約されます。

日本国内で所謂「ベルカント唱法」と言われるメソッドでは、男性歌手であるにも関わらずパッサッジョ域を喉を広げて、リラックスして・・・通過しようと試みます。

先ず、低声歌手においてこのメソッドは「有り得ません!」

これは私の揶揄する日本固有のガラパゴス・ベルカント唱法です。

(;^ω^)

そして稀に一部で、真逆のメソッドも耳にします。私的には、まだ・・・こちらの方が正論に思えます。

ただ、残念ながらこちらも声色の域を出ない・・・強烈な喉声の域を出ない・・・

鋭く(アクート)・・・突き抜けてこない・・・最終的に声で、声帯で操作してしまうからです。

(T_T)

アクートのコツは・・・・?!

パッサッジョ域を超えて高音をアクートしたとしても、決して歌わない事です!

決して高い音の方に「気持ちを奪われない事です」

人間の性で音域が高くなるにつれてそれに挑みがちです。挑んだ挙句に・・・声で処理してしまうのです。

声で処理してはダメです!

高い音に挑みがちな気持ちを・・・・内燃する想いで(ブラックホールの如く)飲み込んで、低い音を歌う時のポジションを「死守」するのです。

するとブラックホールをも突き抜けて呼気が声帯の間を突き抜けていく感覚・・・

これが・・・・「アクート」です!!

私の動画でもお分かりいただけると思いますが・・・、アッポジオに寄りかかりながら低いポジションを「死守」する事がアクートの「い・ろ・は・・・」の「い」です。


【K-メソッド】 



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事