見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

確かにすごい!!

しかし・・・バリトンの役柄ならまだしも、テナーの役どころをバリトンのキャラクターで歌って果して意味があるのだろうか!?

スカルピアのキャラでカヴァラドッシを歌う様なもの・・・センス的にイマイチ・・・、あくまでもデモンストレーションの域を出ない。

しかも・・・下の動画の最後の完璧なファルセットはやり過ぎとしか思えない、又はジョーク?

過ぎたるは尚、及ばざるが如し・・・

私ならせめて、テナーの役どころはキャラクターを変えて歌う! その方が聴く方には逆に面白いと言えるかも・・・!?

どちらが良いのか・・・このことは第三者にお任せするとして・・・

着目(耳)すべきは!

彼の高音域が異様に広いのはパッサッジョ以降(以上)をアクートで出しているからです。

そして見逃せない、聞き逃せないのがジョア氏が・・・どんなに高音域をアクートする際にも決して意識が「高さ」「声」に行かず・・・・

常に低いポジションのままを保持しながら・・・決して「高さに声で挑む」事無く、自身の内側に想い・音楽・感情をブラックホールの如く・・・集約していると言う事です。

バス、バリトンのアクートはここが最も重要なポイントです!!  さもなくばパッサッジョに潰されます・・・

「高さに声で挑まない」!!・・・これが全てです。

しかし、殆どの場合「声で高さに挑んで」しまうのです・・・だからパッサッジョが立ちはだかるのです。

私もイタリアでバリトンのマエストロにさんざん言われました・・・「声で挑むな」・・・と。


【K-メソッド】 






【K-メソッド】 バリトン・バスはアクート時も低いポジションの死守がポイント!


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事