見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

【質問】

アクートとソプラクートが違った響きになってしまうのですが・・・?


【K-メソッド】

この現象こそがあなたのアクートが本物かどうかを見分ける「最も明確な基準」です。

アクートはジラーレとキューゾのタイミングで生まれます。そして一度ジラーレ(回す・返す)した声帯から生まれたアクートはどんなに高音域に達してもひっくり返りません。つまり、パッサジョ域で生まれたアクートは同じ響きのままどこまでも上がっていく・・・これは【K-メソッド】の「原理」です。

・・・と言うより、アクートの本質です。

しかし往々にして・・・アクートとソプラクートが極端に違う・・・・と言うより、アクートの途中からソプラクートと称してファルセットになってしまう現象を耳にします。これは「ソプラクート」と言うごまかしです。

特に低声の男性歌手に顕著な現象です。これは明らかにアクートではなく「喉声」で歌っているからです。

パッサッジョ域を飲み込んだ力づくの喉声も然り、逆にアペルトで開いた喉声も然り・・・・

残念ながら・・・喉で支えている、操作しているうちは絶対にアクートとソプラクートは繋がりません。

原点に戻り・・・

アクートとは・・・ジラーレ+キューゾ+パッサッジョ(呼気の通過)・・・これがアクートの本質です!


【K-メソッド】 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事