見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

サルバトーレ・フィスケッラ氏と二コラ・マルティヌッチ氏のレッスン風景・・・・

当時、横綱パヴァロッティが居て・・・両氏共に三役、前頭筆頭あたりでしたでしょうか。

・・・とは言っても、イタリアンテナー。生まれた時の産声が「HIGH-C」だったに違いありません。両氏に共通するのはアクートを飲み込まない・・・・ボエームの受講生もなかなかの美声、彼もやはり飲み込まない。

呑み込み気味は・・・トロヴァトーレの受講生、呑み込み気味の分、声が突き抜けて行きません。

アクートは「鋭く突き抜ける!」・・・

しかし日本での大半の指導は妙に飲み込ませる・・・声色で教えるからです。

それじゃあ〜♪、イタリアのマエストロの指導は・・・「お腹で支えて」「喉は開けて広げて」「マスケラに響かせて」大体この3つしか教えてくれません。

イタリアまで行って・・・この3つだけ!?

本当にこの3つだけなのです。

不安に思われる方は・・・イタリアへ行く前に【K-メソッド】での予習をお勧めします。

( ^^) _旦~~


【K-メソッド】 


この受講生ナイス! マエストロの指導がちょいとチマ細かすぎ〜♪

声を教えるのではなく、歌を教えるレッスン・・・イタリア的です♪





マルティヌッチ・・・画伯の様ですね、でも美声は健在の様です。さすがイタリアンテナー!


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事