見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

これも【K-メソッド】の「五輪の書」と言える核心の部分ですが・・・・、喉声が抜けない方々への「朗報」です。

カップッチッリとシエピの声が伸びやかなのは・・・? フレーズの終わりのピアニッシモがひしひしと伝わってくるのは・・・?

勿論、先ずは彼らの天才的な歌のセンスです。そして、技術的に言えば・・・・

両者に共通していえるのは・・・通常、胸声と言われる部分、ともすれば不用意に喉声で歌ってしまがちな部分も「上のポジション」・・・すなわちジラーレして歌っています。

ジラーレして上のポジションで歌うからこそ、胸声域にも関わらずフレーズ(音楽)を響きの中で(余韻を残して)歌い終えることが出来るのです。つまり声が伸びるのです・・・

喉声の強い人は・・・・下の「ド」から上の「ド」の間に・・・

#ド、レ、#レ、ミ、ファ、#ファ、ソ、#ソ、ラ、#ラ、シ・・・があると思っています。

しかし違うのです! 下の「ド」と上の「ド」はジラーレで同じポジションで歌えるのす。

しかも・・・楽に! 声帯に緊張を強いることなく・・・だからこそ響きのある伸びやかな声で想いを乗せることが出来るのです!

そして、カップッチッリとシエピはアッポジオに寄りかかりながら・・・全てそのポジションで歌(声)を処理しています。見事に!

「喉声歌手」と言うのは・・・

下の「ド」から上の「ド」までに・・・#ド、レ、#レ、ミ、ファ、#フ、ソ、#ソ、ラ、#ラ、シ・・・音の上行に比例して声帯の緊張が増していく歌手の事です。


【K-メソッド】 


〜 途中のカンタービレ・・・これがカップッチリの至芸です!〜




〜 絶対に想いから「声」を外さない・・・まさに「孤高の風格」です!〜


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事