見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

いろいろと・・・過去の記事まで遡ってご覧頂きありがとうございました。

以前の記事でも触れましたが・・・アクートは息のスピードとジラーレとキューゾのタイミングです。

テナーとバリトン・バスのアクートのアプローチには多少の違いがあります・・・・原理は同じなのですが・・・

テナーの場合は・・・最高音で再度ジラーレし直す感覚も大切です。そしてファルセットの状態の声帯を閉じ・・・息を「Ha〜」と通過させると、「ビリビリ」と鳴る感じです。

(ここを声帯で操作するとミックスボイスに終わってしまします・・・、アクートはあくまでも声帯の操作ではありません。注意が必要です!)

バリトン・バスの場合は・・・声を追わず(声で操作せず)に低いポジションのまま堪えます。しかし、もちろんジラーレしながらです。呼気の圧力が高まり・・・最高音でジラーレとのタイミングが合ったときに・・・呼気が通過してしまって・・・アクートが鳴ってしまう感覚です。

確かにどちらも言葉にすると難しいのですが・・・これが私の感覚です。頑張ってください!

(*^^)v

激励、ありがとうございます。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事