見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

インターネット上の国内サイトで発声法に関するサイトが数多ある中・・・

腹式呼吸からアッポジオテクニックに関する記載も沢山あります。

一声出すのに3つ、4つ・・・・否、6つも7つも・・・咽頭引下げ筋・うなじのアッポジオ・横隔膜・腹筋・背筋・丹田・恥骨・・・etc.

しかし・・・デモンストレーションの動画のトレーナーの声が「喉声」で始まるととても残念です。

これが「二重支点」です。非常に多い傾向です。

結局、喉でも支えているので支えが「アッポジオ」に一本化されないのです。

あそこも・・・・ここも・・・あちらも大切となってしまいます。

喉から声を外す・・・ここからアッポジオも生まれてきます。

喉から声を外す術・・・、実は非常に難しい技術です。

言い換えると、安易に声で歌わないセンスとも言えます・・・


【K-メソッド】 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

オペラ声楽には手足のアッポッジョという概念はないのですか?
私は自身の感情が手足をめぐっていると感じることがあります。
デルモナコはよく手足を動かしますよね。
私がもし声楽の教師だったら、お腹の支えの次に手足の支えを教えるかなあ。

2015/6/1(月) 午後 4:25 [ nago ]

顔アイコン

> nagoさん
コメントありがとうございます。モナコやコレッリ・・・良い歌手は演技と声が一致しています。慟哭の場面でのアクートは・・・声がアクートなだけでは無く、打ち震える指先も、見開いた目もアクートしている様に感じます。私も彼らの声・歌・演技・・・は体全体がアッポジオしている様に感じます。

2015/6/1(月) 午後 5:27 [ 【K‐メソッド】アクートの歌唱法 ]

顔アイコン

返答ありがとうございます。
例えば貴方の生徒さんに「想いで歌いなさい」と指導したのに対して、手足を全く動かさずに歌っている人がいたとしたら、「手足でもっと想いを表現しなさい」というような指示はされますか?

2015/6/1(月) 午後 10:26 [ nago ]

顔アイコン

> nagoさん
CASE by CASEかも知れません、曲にもよりますが・・・
私は体全体で歌を表現することは自然だと思います。ただ歌手の声、体の動き、視線の動きは全て歌唱の中で一つに集約された同時進行であると考えます。私自身も不動では歌い辛いかもしれません。

2015/6/1(月) 午後 11:27 [ 【K‐メソッド】アクートの歌唱法 ]

顔アイコン

稚拙な質問に思えたかも知れませんが、丁寧な返答ありがとうございました。
我々日本人は手足を使うような大きな感情表現を日常ほとんどしません。
なぜなら「想い」をすぐに「頭」でコントロールことを習慣化してしまっている民族だからです。日常の会話から極度の「喉声」になってしまうのはそのせいだと思っています。だから、逆に手足を使うような日本人にとってはオーバーリアクションと思えるような行動を取れば、「想い」を「頭」で制御することなく「喉声」から解放される道に繋がると思うのです。

2015/6/2(火) 午前 8:28 [ nago ]

顔アイコン

> nagoさん
コメントありがとうございます。仰る通り・・・
日本人は・・・と言うと語弊もあるかと思いますが、往々にして、歌を耳から聞いて、聴いた「イメージ」を声真似して・・・結局「喉声」。

私のブログの記事にもありますが、いわゆる音耳が多いのかもしれません。

少し発展すると・・・、聴いた通りに真似るのが上手い?! 初心者のうちは仕方ありませんが・・・

しかし、歌は「塗り絵」ではダメな様です。常に歌手自身が歌をリードして歌う事が大事に思えます。

オーバーリアクションに関しましては・・・

歌唱の中でアクートは勿論、旋律によっては喉に着き易いフレーズもあります。ここを歌う時は音楽を先駆けて感じたり、芝居を先駆けたり・・・

要するに喉が詰まる「半歩先を」先に進む精神状態を作ります。

ドミンゴの動きが分かり易いです。

体の開きを変えたり、足を踏み込んだり・・・

一流の歌手でも・・・「喉に着けない」いろいろな工夫があると思います。

(^-^)

2015/6/2(火) 午後 10:22 [ 【K‐メソッド】アクートの歌唱法 ]

顔アイコン

私が音耳と歌耳の概念を正しく分かっていないかもしれませんが、

私は数年前までは完全に音耳だったように思います。

その時とても悲しい出来事が起こって、生きることの価値観が変わってから自身の「感情」に大きな価値を置くようになりました。
それから歌の聴き方がかなり変わり、自身の耳に歌耳の要素を持ったと思います。
貴方の場合はどうだったのでしょうか?子供のころから歌耳だったのでしょうか?
人を歌耳、音耳たらしめてるものとは何なのでしょうか?

2015/6/4(木) 午前 9:51 [ nago ]

顔アイコン

> nagoさん
コメントありがとうございます。コメントの制限文字数を超えたため本文に記載いたしました。

2015/6/4(木) 午後 9:00 [ 【K‐メソッド】アクートの歌唱法 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事