見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

国内の動画サイトで感じるのは、アクートと提唱しつつも・・・

私の知る限り・・・残念ながら胸声(地声)の延長か、ミックスボイス(ファルセット)の何れかでしかない。

アクートを・・・

《胸声の延長》と唱えるサイトでは・・・

パッサッジョ域でのキューゾを唱えるが、力尽くの地声でのキューゾなのでファルセットの高音域までは到底、アクートは展開しない。パッサッジョ域で既に声が硬直し、いわゆる「我慢大会」です。

《ミックスボイス(ファルセット)》と唱えるサイトでは・・・

一聴瞭然・・・、アクートでは無くミックスボイスです!

両方に言えることは、結局《胸声の延長派》にしろ《ミックスボイス派》にしろ、声帯による声色の操作・・・、つまりアクートの声帯模写の域を出ません。

アクートとは、ジラーレしたポジションで声帯を固くキューゾ(閉じ)し、呼気を通過さ声帯を通過させた際の振動音・通過音です。

だから、ファルセットの高音域まで響きをもったアクートとなるのです!

金管楽器のハイノートと全く同じ原理です・・・

金管楽器のハイノートは・・・本人の努力のみならず、歯並び・アンブッシャー(唇を含む筋肉群)の諸条件が加味されて可能になります。つまり・・・習得できない奏者も多いのです。

アクートは金管楽器のハイノート以上に難しいと言えます。

なぜなら、原理は単純ですが、人は・・・声帯が「鳴る」前に、必ず「声で歌ってしまう!」・・・

アクートの難しさは正に・・・、ここなのです!


【K-メソッド】 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事