見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

つい最近、バス・バリトンの方からアクートに関するご質問を頂きました。

ご本人によると「G」までは楽に出せるが、それより上は歪んでしまう・・・・との事でした。

音源を頂きましたので早速聴かせて頂いところ・・・

深みのある素晴らしい美声でしたが、「F#」で声帯が硬直し「G」が精一杯のアクートでした。

「G」が精一杯のアクート・・・と言うのが重要なポイントです!

「声種」に限らずファルセットの高音域まで到達するのが「アクート」なのです。

「G」までは出せるがその上は出ない・・・と言うのは、残念ながら喉声だかです。アクートとは必ずファルセットの高音域まで達します。

喉声による「アクート擬き」は力尽くの喉声・・・つまり声で歌っているのでファルセットの高音域までは繋がって行けないのです。

アクートは、呼気を力尽くの声帯で受け止めることなく・・・、声帯の間を呼気を通過させる技術が必要なのです!

ここが喉声による「アクート擬き」と「本物のアクート」の違いです。


【K-メソッド】 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事