見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

シエピがオペラはもとより多彩なジャンルを歌えるのは類い稀なる歌唱センス・天才的な歌唱力、演技力ですが・・・

その秘密は・・・バスにも係わらず歌唱の大部分を上のポジションで歌っているからです。

勿論、頭声ではありません。しかし胸声域の中にも「上のポジション」は存在するのです。

この上のポジションを実にうまく使い、抒情的に歌い上げる名バリトンがカップッチッリです。

しかし、この「上のポジション」の存在を知って歌っている歌手は極めて稀です。その証拠が、いきなりノド声で歌い始める喉声歌手が多数派を占める現実です。

そして下のノド声のポジションのままパッサッジョに進み、力尽くの硬直した喉声となってしまいます。

大切なのは上のポジションの状態・・・・ジラーレした状態でパッサッジョ域でキューゾし、息を通過させていくことなのです!

このキューゾは力技ではありません! だから声帯が硬直することなく、ビブラートを伴って呼気が通過できるのです!

最後のソットヴォ―チェ気味のアクート・・・最高難度の歌唱ですが、力づくでは無く、想いだけが伝わってきます。

この「上のポジション」を感じられるか否か・・・バス・バリトン歌手にとっては生命線です!

さもなくば全てが喉声となってしまいます・・・・


【K-メソッド】 




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事