見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

国内のネット上のボイトレのサイトを見て感じるのは・・・

パッサッジョ域では云々・・、第二パッサッジョでは云々・・・

しかし、パッサッジョ域に差し掛かった段階での操作では遅すぎ!

パッサッジョ域まで胸声域の下のポジション=喉声のままでしゃくり上げては身も蓋もなく・・・、後は力尽くしか方法がありません。

パッサッジョ域まで喉声で歌い上げるから操作が複雑・・・と言うより操縦不能になるのです。



前回の記事の中でも触れた、シエピとカップッチッリの歌唱における「胸声域での上のポジション」が重要なキーワードです。

パッサッジョ域に差し掛かる遥か前・・・・、と言いうより・・・

シエピ、カップッチッリは歌唱において・・・(他の有名どころの持ち声派のバリトン・バスとは異なり)

オクターブ下での歌唱が可能な胸声域は、全て「胸声域における上のポジション」で歌っています。

この「胸声域における上のポジション」でパッサッジョを迎えて初めて・・・・力づくではない、呼気の通過を伴った・・・オートマチックなアクートは生まれます。

胸声域での上のポジション・・・・これが男性歌手の歌唱を左右する「生命線」です!

パッサッジョは胸声域における下のポジション=ノド声のまま越えようとするから際立つのです・・・・

この、記事に触れたあなたは・・・・非常にラッキーです。

多分、他のサイトでは触れ得ない核心です・・・

(*^^)v


【K-メソッド】 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事