見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

デル・モナコ、コレッリ・・・、彼らから下手に盗もうとすると・・・彼らの強烈な美声が邪魔してパッサッジョ域での処理を誤り易い。つまり・・・響きだけを模倣した喉声・歌声になり易い。

結構、多いですよ・・・

パヴァロッティのアクートは若干・・・宇宙から来ている部分があり・・・

(?_?)、・・・と言うか、地声(彼の帰れソレントの歌い初め等)とパッサッジョからアクートにかけて著しい声質の変化が宇宙的。つあり・・・私達凡人には当てはめ難い部分があります。

盗むのであれば絶対にブレイクからです!

ブレイクには失礼ですが、声の出所やテクニックが非常に分かり易い・・・

パッサッジョ域をアジリタで転がし、ジラーレとキューゾのタイミングでアクートへつなげる・・・完璧です!

日本人の歌唱に有りがちなファルセットと同化しそうな開ききったソプラクートでは駄目なのです。

そして何より、私がお勧めするのは・・・

歌い始まりから、歌い終わりにかけて・・・全て彼の歌う喜びが弾けてきます。勿論、アクートもですが・・・

私が唱える「歌い出しで歌手の力量が全て分かる」と言う事に尽きます。言い換えてみて「歌い終わりの声の外し方で歌手の力量が全て分かる」と言う事です。

とかく声楽のレッスンは声色ばかりをいじくりがちですが・・・非常に低次元な話です。

歌唱の際、彼にあるのは歌の世界だけ・・・これがイタリア・オペラの巨星たちの歌い方なのです!

若き日本人テナーたちよ、ブレイクから盗め!


【K-メソッド】 








この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事