見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

先日いらした生徒さんから・・・

アクートの捉え方で参考になるのでは・・・と教えていただいたYoutubeの動画です。

大変興味深い動画です。

あたかもゴミを後ろに放り投げるようなジェスチャー・・・、歌う傍らであんなに腕を振られては、生徒さんもさぞ歌い辛かったのでは・・・・(^^;)

ジラーレの体感をジェスチャーで表すとこのようになります。

それからマエストロが生徒の脊椎のあたりを手で触れています。アクートが生まれるときには背骨を中心に背筋が強く収縮するのを感じますが、そこを意識させようとしていると言えます。

しかし、「放り投げる・・・」「背骨の緊張・・・」は全て二次的な感覚です。この二次的な個々の感覚をいくら拾い集め、組み立ててもアクートは生まれません。歌唱の難しいところです。

もう一つ重要な事は・・・・

この動画の様な軽いテナーのアクートの捉え方と・・・バス・バリトンのアクートの捉え方は異なります。もっと難しいはずです。

バス・バリトンのアクートは「放り投げられない難しさ」があるのです・・・、私も明確に異なったアプローチでレッスンに臨んでいます。


【関連記事 アクートの通り道とマスケラ・・・】


【K-メソッド】




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事