見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

声楽教師は口癖のように言います・・・声楽は体が楽器・・・・と、

しかし、男性の生徒を教えるにあたって・・・体を楽器として使うと言う事がどういうことか?! 具体的にお分かりでしょうか?!

「体が楽器」と言う事は・・・即ちオーボエやファゴットのダブルリードや金管楽器の上下の唇と同じく、胸声発声(地声)とは異なる方法で二枚(一対)の声帯を鳴らすと言う事です。

体が楽器と教えながら・・・

腹式呼吸云々、咽頭引き下げ筋云々、うなじ云々、背筋云々・・・・

二次的感覚をバランスと称し寄せ集め・・・

結局、胸声発声(地声)から抜け出せず・・・パッサッジョが喉声で固まってフリーズしまう。或は、パッサッジョを開いて歌ってしまう。結局は体が楽器化しておらず、相変わらず胸声(喉声)発声で歌っているだけです。

体が楽器と言うのは・・・オーボエやファゴットのダブルリードや金管楽器の上下の唇と同じく、胸声発声(地声)とは異なる方法で声帯を鳴らす・・・声帯をリードや唇・・・つまり楽器として鳴らす技術(アクート)です。

何故、難しいのか?! 声帯を鳴らす前に・・・まず100パーセント、歌ってしまう(胸声発声で歌ってしまう)からです!


【K-メソッド】




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事