見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

バリトンとは・・・・

例えて言えば、リゴレットの「悪魔め! 鬼め!」の「♭ミ」をアクートで歌える声質であるか?!・・・と言う事です。

「♭ミ」はテナーの声種ではアクートで歌うには困難があります。テナーには未だ低すぎてアクートでは歌えないのです。

ドミンゴのバリトンがしっくりこないのもこの為です。

ヴェルディはバリトンの歌手に力強いアクートでの歌唱を要求しています。

つまり、「♭ミ」がアクートで歌えるか否かがテナーとバリトンの違いであって、バリトンだから高音が出ないという事とは違います!

「♭ミ」が正しくアクート出来れば・・・その延長で♭Bくらいまではアクートで広がるはずです。

バリトンで高音に難がある歌手の多くは、「♭ミ」を・・・まだ胸声で歌っています。だからその先が決まらないのです。

「♭ミ」のアクートが極められれば、その延長で高音域も広がるはずです!

テナーはバリトンは歌えませんが、バリトンはテナーも歌えます!

これが【Kメソッド】が提唱するHYBRID歌唱法です。


【K-メソッド】



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事