見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

つまり歌が下手な歌手でアクートだけが素晴らしい歌手は居ない!・・・と言う事です。

と言う事は・・・

アクートの歌唱法を習得するには歌唱の上達が不可欠!・・・と言う事です。

上手い歌、素晴らしい歌とは・・・

器楽であれば・・・、ひとたび演奏に入ると音楽の中に深く入り込み、忘我の中で音楽の神が降臨し、憑依したかの様な形相で深く深く入り込む・・・深く入り込むほどに「恍惚」となり、音楽はその波動を増してゆく。

歌も器楽も同じです。ただし歌唱の場合は・・・

ひとたびアリア(歌唱)に入ると音楽の中に深く入り込み、忘我の中でその役どころが降臨し、憑依したかのように役どころに深く深く入り込む・・・深く入り込むほどに「恍惚」となり、その「恍惚」の波動はアクートとなり昇華する。

もうお分かりだと思います・・・演奏家、歌手にとって最も大切なのは・・・!?

忘我の「スイッチ」です。即ち、音楽・歌唱の中にいかに深く埋没出来るか・・・と言う事です。

これは意識的・作為的なバランスで歌っているうちは絶対に「ON」にはなりません!

そして歌唱技術とは・・・出したひと声が「忘我のスイッチ」であると言う事・・・つまり・・・声を出そうとすると我を忘れる。ひと声が自身を歌唱の世界に引きずり込んでいく・・・音楽と言う暗示の世界に引き込んでいく。

残念ながら・・・このスイッチ無くして・・・歌唱表現のアクートは絶対に生まれないのです。


【K-メソッド】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事