見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

初心者の方にも分かり易い見分け方です。

喉声によるアクート擬きは・・・アクートの歌い終わりで声帯の緊張を緩めた瞬間に、コンマ何秒か喉声が「トカゲのしっぽ」の様に残ります。(勿論、「擬き」そのもの自体が喉声なのですが・・・)

これが・・・「喉声のしっぽ」です。本人はアクートのつもりでも・・・喉声だから「しっぽ」が残ってしまうのです。

ネット上の様々な発声法サイトの動画でも顕著に感じられます。

(^_^;)

根本が喉声を軸に回っているので「堂々巡り」をしてしまうのです。

180度反対から見れば新しい山にも見えるかもしれませんが・・・単なる同じ山の「裏側」なのです。

喉声のスパイラルを断ち切れないのです。



筋斗雲で行き着いた世の果てがお釈迦様の手のひらに過ぎなかった「孫悟空」

筋斗雲ではお釈迦様の手のひらを超えられない・・・

パッサッジョも筋斗雲(喉声)では越えられない・・・筋斗雲ではアクートへは行けないのです。

アクートは、ジラーレの状態の声帯を鳴らす技術だからです!

固定観念が強く音耳の場合・・・、アクートが声色(胸声の延長)に聴こえてしまうのです!

【関連記事】



【K−メソッド】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事