見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

アクートの歌唱技術は方法論を越えた境地に有ります。

パッサッジョ域での軟口蓋の位置は? 舌の位置は? 背筋は・・・・?

ここに意識があるうちは・・・パッサッジョが立ちはだかります。何故でしょうか・・・?

まだまだ喉声で歌っているからです。だからアペルトや力尽くの喉声から脱却出来ないのです。

声で歌って見せよう・・・とするからです。

人の声は、声を追いかけると必ず詰まってしまいます。

それを誤魔化すためのアペルトであり、真逆の・・・声の摂理に贖った力尽くの喉声発声なのです。

アペルトではオペラの聴かせ所では真実味がありません。力尽くの喉声発声ではパッサッジョを超えてファルセット域のアクートへは広がりません。

歌って見せよう! 聴かせよう!・・・・としない事です。

声に挑むと瞬時に声帯は過緊張に陥ります。ではどうすればよいのでしょうか・・・?!

声に挑もうとする意識を、さらに大きなベクトル(エネルギー)で逆方向に向けるのです。

さらに大きなベクトルで自身の意識を、「声」ではなく「音楽の佳境」の中へ押し戻すのです。

そして「忘我」の境地に入った時に、初めて声が喉から外れます!

これは一つの「自己暗示」と言えるかもしれません・・・

ここがアクートの「境地」であり、最も難しい部分です。


【K-メソッド】




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事