見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

男性への発声指導において・・・

パッサッジョ域から高音域にかけての指導で、「力を抜いて! 喉を開けて!」と言う指導は・・・

自転車に乗っていて左に曲がる時は、右に重心を掛けて曲がれ!・・・と言う事と同じです。

非常に危なっかしい・・・と言うより、曲がれません、無理です。 (^_^;)

アクートの原理が分かっていればこの指導は「無い」はずです。

しかし、この指導法がまかり通っています・・・・

そしてこの指導法こそが・・・声楽を志す男性歌手の芽を悉く摘んでいるのです!

胸声でパッサッジョを越えようとすると必ず喉は閉まります。それが普通なのです。

閉まるから「力を抜け、開けろ!」・・・全く分かっていません。

胸声で押し通そうとするから喉は過緊張に陥るのです、アクートの歌唱法とは、喉が閉まる・・・と言う現象とは何ら係わりの無い技術なのです!

今回、私のもとへいらした生徒さんのお話でした・・・、以前に習っていた先生には「喉を開いて、力を抜いて!」と指導されたが、苦しくなるばかりでした・・・との事です。

自転車に乗っていて左に曲がるのに、右に体重を掛けたらコケるのが・・・道理、摂理です。

アクートの発声原理は、「力を抜いて、喉を広げて!」と言う次元とは全く別の技術です!



【K-メソッド】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事