見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

始めてレッスンにいらした生徒さんはかなり困惑されます・・・

アクートの原理を時間をかけて説明したうえで、【K-メソッド】のヴォカリッツィ(発声練習)に移行し、先ず私が実践しますが・・・

これが皆さん、ム・ム・ム・・・な感じの様です。 (?_?)

いろいろな先生に師事され、様々な発声練習のパターンをこなしていらした方が殆どですが、極端に異質なメソッドに困惑されます。

(※、HPやブログでの私のデモンストレーション動画や音源の音階練習は、ベルカント唱法の発声練習パターンです。【K-メソッド】の発声練習パターンとは異なります。)

しかし、【K-メソッド】の発声練習は出来ないのが普通で当たり前ののです。なぜか・・・

アクートでしか歌えないメソッドだからです。

胸声の延長で歌おうとしてアペルト気味(開き気味)に歌おうとしても、力尽くで歌おうとしても歌えない・・・。喉を開くのと閉じるのを同時に行う・・・つまり、喉から声が外せないと歌えないメソッドだからです。

しかしながら、原理を知ったからには、皆さん余計に燃えてくる様です。わざわざ飯能くんだりまできて、アクートの入口が見えたのに「ム・ム・ム・・・」のままでは終わらせない! 

絶対、自分の歌の中に取り入れてやる〜っつ!・・・みたいな。本当に歌が大好きな「熱い」皆さんばかりです。

そんな中、今日も神奈川から遥々いらっしゃいました。今日は「ム・ム・ム・・・」でも、すこしずつ「ンッ!?」が増えて来ます。

そして「ンッ!?」がだんだん増えていくと・・・、ある時「閃き」に変わります。

その「閃き」の積み重ねが歌唱技術を深めて行きます・・・


【K-メソッド】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事