見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

私のHPやブログのアクセス解析で私のサイトに辿り着いた方のキーワードが分かります。

アクート、パッサージョに次いで多いのがこの「chiuso」です。

ネット上でも発声法やボイトレのサイトでこのキューゾについて述べたものを多く見受けますが、残念ながら・・・的を得たサイトを知りません。

パッサッジョを開き声で誤魔化すと・・・声は説得力の無い、ミュージカル的な振幅の大きなヴィヴラートを伴った歌声にしかならず、アクートとは程遠い声になってしまう。

したがってパッサッジョは閉じなければならない!・・・と言う、一見もっともらしいサイトもあります。

しかし、何をどう勘違いしたのか・・・胸声のままパッサジョに押し寄せ、胸声の延長で閉じてしまっている為にパッサッジョを超えてアクートが生まれない。パッサッジョで声帯が過緊張に陥り、二進も三進も行かず、その先はアクートにはなれずに少し緩めてソプラクート気味のファルセットになってしまう。パッサッジョの上はアクートでなければならないが、胸声のまま力づくで閉じて閉まっているが故に閉塞がMaxに達し・・・その先が無いのです。

胸声のままキューゾして閉塞がMaxに達しアクートには行けないのです。

それでは・・・何をどう閉じるのか?

パッサッジョ域に達しつつジラーレした状態で閉じるのです。ジラーレした状態で閉じるからこそ・・・Maxで閉じても呼気が通過できるのです。

その時の通過音が・・・・アクートです。

このタイミングの習得には根気強いトレーニングも必要ですが、何よりも正しい指導の下に行う事が大切です。ほぼ100パーセント・・・声帯が鳴る前に声で歌ってしまうからです・・と言うより、先ず声帯を鳴らす感覚が分からないからです。

アクートは、感覚的にはファルセットに近い感覚ですが、マスケラにビリビリと響きがぶつかってきます。


【K-メソッド】





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事