見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

他人より立派な良い声で歌って見せよう・・・! 俗にいう「オレオレ歌手」とでも言いますか・・・

しかし、歌の勉強を続けるうちに・・・バカでかい声で歌っていても、行きつき場所がない事に気が付きます。

歌を声色やデシベルのレベルでやっていても行きつかないのです。歌との一体感が持てないのです。

何処に行きつかなければならないのか・・・

音楽の中のエスプレッシーヴォや歌詞の内面です。

そして歌唱において・・・そのエスプレッシーヴォの行きつくところまで引いてはダメ・・・つまり突き進まなければならないのです。だから、感動があるのです。

聴衆は歌手のエスプレッシーヴォの深さに感動するのです。勿論、音量もフォルティッシモを超えるレベルに達するはずです。

それを何故か・・・エスプレッシーヴォの行きつくところではなく、エスプレッシーヴォを置き去りにしたまま、声だけで突き進むから、デシベルに行きついてしまうのです。

つまり・・・喉声と言う事です。

歌の行き着きどころはデシベルではなく、エスプレッシーヴォです。

歌の行き着きどころが感じられないから・・・声色や音量ばかりが気になってしまうのです。つまり、不安なのです。

音大時代の私がそうでした・・・・


【K-メソッド】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事