見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

ベルカント唱法・アクート唱法共にその最高難度の技術はアッポジオ(アッポジャーレ)・・・つまり、声の支えの技術です。

胸声から頭声に移行する女性のベルカント唱法とは異なり、男性の場合は胸声からファルセットに移行しても歌唱とはなりません。

しかし、このアッポジオの技術だけが、男性においても胸声からファルセットに行かずにオートマチックにアクートに移行させる最高難度の歌唱技術です。

このアッポジオの技術こそが、男性歌手のアクート唱法を可能にした・・・と言っても過言ではありません。勿論、単なる「腹式呼吸」ではありません。

況や、力尽くの喉声アッポジオでもありません。

つまり、力技ではないのです。支える(力尽くで)のではなく、支えられてしまう技術です。

そして、アッポジオはブレスのタイミングで生まれ、その先のフレーズをサポートします。そしてパッサッジョ域を越えて力強いアクートを生み出していきます。

しかしながら、喉声で歌っているうちはアッポジオの感覚は生まれません。喉から声を外せて初めてアッポジオは生まれてきます。

喉から声を外せないからパッサッジョが苦しいのです。歌唱は「我慢大会」ではありません。



【K-メソッド】



【後半の音階練習の着目点】

オクターブの跳躍の際に直前のブレスでアッポジオが生まれます

そしてアッポジオに寄り掛る事でオートマチックにアクートが生まれます

喉から声を外した状態でアッポジオに寄り掛ります・・・

オートマチックにアクートが生まれてくるはずです

決して力技ではなく、「支えられてしまう」感覚が大切です!






【天性のアッポジオ歌手、カップチッリの歌唱

特に前半のアリア部分、アングル的にも非常に分かり易い動画です

ブレスのタイミングでアッポジオが生まれ、

アッポジオによりかかる事で

パッサッジョ域以降で自然にアクートが生まれてきます


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事