見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

前回の記事のロシアの名バスはアルトゥール・アルトゥーロヴィチ・エイゼンです。

ご丁寧にコメントでお知らせいただきました。

しかし、凄いです。メチャメチャ歌が上手い! シエピも上手いがエイゼンも上手い! 歌い初めからメチャメチャ上手い! 溜息出ます・・・・これがバスの魅力ですね。

結局・・・歌とはメチャメチャ上手いかどうか・・・ですよね。こういう歌が歌いたいですね・・・

バスの歌唱のお手本・・・と言うより、全ての声種においてもお手本ですね。

【Wikipedia】より
アルトゥール・アルトゥーロヴィチ・エイゼン(露: Артур Артурович Эйзен、Artur Arturovich Eizen、1927年6月8日 モスクワ - 2008年2月26日 モスクワ)はソビエト連邦、ロシアのバス歌手。ボリショイ劇場のソリストであり、ソ連人民芸術家(1976年授与)。
1927年、モスクワでラトビア系革命家の家系に生まれる。父親は詩を詠みヴァイオリンを弾き、家族は皆ロシア民謡を歌うという環境であった。芸術的な雰囲気の中、エイゼンは、はじめ演劇に興味を持ち、1944年にボリス・シチューキン記念演劇学校(ロシア語版)に入学、ヨシフ・トルチャコフ(ロシア語版)に学んだ。同時に声楽の授業にも参加し、徐々に音楽の道を志すようになる。1948年、ヴァフタンゴフ劇場(ロシア語版)で俳優としてデビュー。同劇場では、ゴーリキーの『どん底』や『太陽の子』、『旧友』、『ボリス・ゴドゥノフ』といった舞台に立っている。まもなくグネーシン音楽学校に入学、声楽を学び直し、3年次からはモスクワ音楽院で学ぶようになった。
音楽院で声楽を学ぶ傍ら、1949年からアレクサンドロフ・アンサンブル(ロシア語版)に所属、1954年にはソリストに抜擢され多くの録音を行う。この間、1955年にはワルシャワで行われた世界青年学生祭典で優勝している(この時、審査員を務めた関鑑子の招きにより、1956年に初来日。以後、来日は十数回にわたる)。
1956年、ロシア連邦共和国功労芸術家の称号を授与される。同年、ロッシーニのオペラ『セビリアの理髪師』のドン・バジリオ役でボリショイ劇場にデビューし、翌1957年1月より同劇場のソリストとなった。以来、2002年までの半世紀近くボリショイ劇場のソリストを務め続けるとともに、世界各国から独唱者として招かれ活躍した。メロディアなどにも数多くの録音を残している。
2008年、モスクワで没。ヴァガンコフ墓地(ロシア語版)に埋葬された。

【県連記事】
ロシアン・バスの魅力!

【K-メソッド】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事