見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

たいへん興味いYoutubeの動画を見つけました

リゴレットの四重唱のものです。

カルーゾ、ジーリ、ペルティレ等・・・1900年代前半、オペラ全盛期の歌手たちの歌唱です。

ペルティレ以外の歌手の歌唱スタイルは今では無くなってしまいました・・・と言うより、ペルティレの歌唱スタイルのみがスタンダードとなっていったようです。

カルーゾ、ジーリ等の声を歌うスタイルから・・・ペルティレの様に声で音楽するスタイルへ変わった来たようです。

カルーゾやジーリに有りがちなポルタメントな節回しはペルティレの歌には感じられません。あくまでもバイオリンの演奏の如く、歌い初めから歌い終わりまで・・・・声にエスプレッシーヴォを乗せて歌い通します。その辺りをトスカニーニも気に入っていたのかもしれませんが・・・

それから、カルーゾのドリンキングボイスやジーリのアペルト的な高音域の歌唱スタイルはオーソドックスでは無くなり、ペルティレの歌唱スタイルが「アクート」としてスタンダードと成って行った様に思います。

しかし、バリトン・バスにおいてはその後も「声で歌う歌手」の時代は続きます。声で歌わなくなるまでにはシエピやカップッチッリまで待たなくてはなりません。

添付した「O sole mio」の聞き比べも興味深いものです。

「声で歌う」のカルーゾ、ジーリのスタイルと「声で音楽する」ペルティレの歌唱スタイルの違いがインパクトの違いとして感じられます。


【K⁻メソッド】















この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事