見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

特に男性の場合・・・と言うか、【K-メソッド】が男所帯だからでしょうか・・・

スタッカート・・・・「♪ハッハッハッハ〜♪」、つまり八分音符で「ド・ミ・ソ・ド・ド・ド・ド・ド・ド〜(最後のドはフェルマータで伸ばし)」を取り入れて効果が出ています。

初心者の方の多くがリリカ(声楽)の歌手の歌の耳コピー的声真似が多く、何を歌っても声が喉に付着したまま歌ってしまいます。

専門的にいえば胸声域の上のポジション(ジラーレした上のポジション)が分からず、パッサッジョどころか・・・どこまでも喉声がくっついて来ます・・・

(@_@;)

そこで、発声練習に取り入れるのがスタッカートです。

発声練習でスタッカートと言えば・・・横隔膜の使い方や域の吐き方・・・等の目的で取り入れられますが・・・

【K-メソッド】では少しコンセプトが異なります。

喉声を外す目的と胸声域の上のポジションの認識の為に用います。

どんなに喉声が強い人でもスタッカートは喉声では歌えないからです。そこを逆に利用します。

喉声が強い男性でも、スタッカートの際は女性のベルカント唱法と同じようにパッサッジョを楽に越えられます。

何故か・・・?! それはスタッカートが極めて裏声に近い・・・つまり、あまりの音符の短さ故に胸声でしゃくり上げることが間に合わず、ほとんどが仮声帯の接触のみで発せられるからです。

それから何より、 スタッカートは喉を最大限に開けないと歌えないからです。意識しなくても喉が開き、舌も下がり・・・、歌唱のお手本のような形になっています。

スタッカートの練習の最高音・・・つまりここがジラーレレのポイント・・・言い換えればパッサッジョ域を超えてアクートに変わる声のプント(イタリア語)となります。

上記のスタッカートの発声練習の最後のフェルマータの伸ばしでエスプレッシーヴォを感じながらビブラートがかかってくれば・・・しめたものです。

その延長でイタリア古典歌曲に入ると・・・・かなりいい感覚が生まれてきます。

スタッカートでジラーレやアクートのプンントの感覚がつかめて来た方は・・・下記の発声練習へ移行してみてください。

テノールに限らず、カップッチッリやシエピの歌唱の大半も・・・もこのプントを核に響きを伴った上のポジションで歌われるから魅力的なのです。

(*^^)v


【K-メソッド】




オクターブの跳躍は・・・・喉声の延長で歌わず

スタッカートで認識した上のポジションへ正確に移行することが大切です!

ジラーレ(胸声域の上のポジション)のポイントが・・・

パッサッジョ域を超えてアクートを生む(アクートが通過する)「Punto」です!


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事