見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

アクートの際の呼気と音声の流れを表したものです。この動画にはありませんが・・・、もちろん鼻腔を通過した呼気と音声は鼻からも拡散されています。

【ジラーレ】

ジラーレのポジション(胸声気の上のポジション)で歌唱することで鼻腔の共鳴を最大限に活用することが大切です。

【キューゾ】

ジラーレのポジションで声帯を閉じます。

【パッサッジョ】

キューゾした声帯の間をファルセットで「ハァーッツ!」と勢いよく通過させます。

【マスケラの響き】

アクートの感覚は、ファルセットで呼気を通過させているのに「響きが増幅される」・・・不思議な感覚です。顔面にビリビリする感覚もありますが・・・、私的には歯にも共振・・・というよりかなり痺れます。「虫歯」があればかなりしみるはずです。(;O;)

【ポイント】

マスケラの響きは、それを目的にしては上手く行きません。イタリアのマエストロは「マスケラに響かせて!」と言いますが、ミックスボイスやファルセット及びアペルトや喉声をいくら駆使してもマスケラの響きは生まれません。ジラーレ+キューゾ+「パッサッジョ(呼気の鋭い通過)」のコンビネーションで生まれたアクートの振動が二次的な感覚としてマスケラの響きを生み出すのです。マスケラに響きを感じて・・・・は、イタリアの巨星達の様に、このコンビネーションを先天的に持っている天才にしか通じないアドバイスです。普通は、このコンビネーションを習得するのに数年かかるはずです。


【アクートの原理】

閉じた声帯の間を呼気を通過させ、金管楽器のバズィングの様に・・・
閉じた声帯を呼気圧で鳴らす技術です。
なぜ難しいのか・・・、生来持ち合わせていない感覚だからです
声帯が鳴る前に、開き声や力ずくで安易に歌ってしまうのです・・・





音域がパッサッジョを超えると・・・「ハッーッツ!」と言う呼気の通過が
響きを伴ったアクートへ変わって行きます・・・





【動画】 アクートの原理(バリトンバージョン)

パッサッジョを越えると・・・
呼気の勢いで声帯が鳴り、マスケラの響きを伴いアクートが生まれます


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事