見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

カップッチッリの名唱です! 他の歌手の追随を許さない名唱です・・・

バリトンのアクートの手本です!

完璧に喉から外れ、呼気のスピードがMaxに達しています。

力づくの喉声では域のスピードはMaxに達することが出来ません。なぜか・・・

声帯が鳴っているのではなく、声で歌っているので・・・常に声帯が過緊張の状態にあり息のスピードがMaxに達することが出来ないのです。喉から声が外れないからです。

残念ながら・・・アペルトの次に多いパターンです。

バリトンの場合も、アクートに入ると・・・完璧に喉は開いて・・・何の抵抗も感じません。

これがアクートのポジションです。

金管楽器でハイノートを出すと呼気を唇で受け止め・・・抵抗や拮抗が生まれますが・・・

(金管楽器経験者には実感んがあると思いますが・・・)

アクートは全く違う感覚です・・・・

「喉に拮抗・抵抗がない」のです・・・「スパッ!」と抜けて響きだけが増幅される感覚です。

喉声の「力技」では無いのです!開けるのです!


【K⁻メソッド】








【アクートの実践】

喉から声が外れ、響きだけが増幅されていく感覚です・・・・
喉に拮抗・抵抗を感じるなは、力尽くの喉声だからです!


この記事に

閉じる コメント(2)

最近このブログを知り、勉強させていただいてます。お金もなくて声楽の先生につけないのですが、それ以上にこのブログやYouTubeから学んでいます。

今まで何度もブログや動画で上げてるかもしれませんが、何点か質問させてください。僕は声楽を勉強し始めたばかりのバスバリトン(自称)です。
・バリトンの人はどこら辺から胸声区からパッサージョ域を迎え、アクートに入るのでしょうか。また、発声練習をする際のコツなどや、日常で出来る練習があれば教えてください。

僕は1年間、3度(ドレミ)の発声練習を続けて、midi2C♯から、Eまで出るようになりましたが(まだとても低いです…)、しかしただの喉声の域をでてないように思え、Cを連続して出すときの大変さも大して変わったような気がしません。
初心者ですしそんな簡単に行かないことは分かっていますが、時間がかかってでも、なんとしてもバリトンのアリアを歌えるようになりたいです。特に「cortigiani」「Eri tu」が好きです。

稚拙な質問ですが、お願いします。

ちなみに僕にはレオ・ヌッチやカップチッリは巧すぎて、聴いていて情けなくな

2015/12/29(火) 午後 2:45 [ hum*rd*7 ] 返信する

顔アイコン

> hum*rd*7さん
コメントありがとうございました。
「個人レッスンを受ける以上に・・・ブログやYouTubeから学んでいます・・・」との事、ありがとうございました。コメント欄では文字数の制限がある為、新規記事「ジラーレ(胸声域の上のポジション)の捉え方・・・」をアップしました。ご参照下さい。

2015/12/29(火) 午後 10:30 [ 【K‐メソッド】アクートの歌唱法 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事