見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

《 hum*rd*7 さんからのコメントへの返信》

【ご質問】

バリトンの人はどこら辺から胸声区からパッサージョ域を迎え、アクートに入るのでしょうか。また、発声練習をする際のコツなどや、日常で出来る練習があれば教えてください。

【返信】

Cortigiani, vil razza dannata 」や「Eri tu」を歌いたいとのご希望でした。

「Cortigiani, vil razza dannata 」や「Eri tu」を歌うためには「悪魔め! 鬼め!」の歌い出しの♭Eを喉から声を外して「アクート」で歌う技術が必要です。

他の歌手の多くはここを胸声で歌っています。カップッチッリも録音によっては胸声の歌い出しもありますが、ドラマ的にいえば「アクート」が正解です。

この♭Eのアクートを学ぶことが・・・・バリトンにおける「ヴェルディ・アクート」を学ぶ事と言えます。

難しです。♭Eはバリトンのアクートにしては低いからです。バスであれば問題ありませんが・・・

しかし・・・・

カップッチッリだから歌えるのではなく、カップッチッリが喉から声を外す歌唱技術を習得しているから可能なのです。

ご質問に戻りますが・・・

パッサッジョは同じバリトンでも人の容姿が違うように微妙に異なります。しかし、大切なのはパッサッジョに達した時点での対処では遅すぎると言う事です。

パッサッジョまで胸声の延長で上がった場合・・・、後は開き声になるか力尽くで「力(リキ)ミッシモ」になるしかありません。

パッサッジョの遥か手前・・・、オクターブ下で歌える音域たらジラーレ(胸声域での上のポジション)で歌う事が大切です。そしてジラーレのポジションの延長線上でアクートが生まれてくるのです。

つまり、いかにジラーレ(胸声域の上のポジション)を認識出来るかが歌唱のポイントになります。



【胸声域の上のポジションの捉え方】

スタッカートで「♪ド・ミ・ソ・ド、ド・ド・ド・ド、ド〜♪」とmezzoforteくらいで力まないで歌ってみてください。

バス、バリトンのイメージを持ちながらで結構です。(テナーの場合は明るく感じてください。)

響きのポイントが下から上へ(マスケラへ)移行するのが感じられると思います。

しかし、大切なのこの上の響きのみを追いかけてはダメです。その響きだけを追い求めると・・・結局は作為になってしまうからです。ここが難しいところでです。

歌唱においてはその響きを追い求め過ぎる事無く、バス・バリトンの歌唱スタイルの中で、音楽のエスプレッシーヴォに従い、音楽に生かして行くことが大切です。

ここが・・・カップッチッリやシエピの喉から外れた声です。特にレガートな表現において、声が聞こえずエスプレッシーヴォのみが伝わってくるような絶妙な歌唱の秘密です。


【発声練習】

上記の要領で上のポジションを感じながら下のヴォカリッツィを少しゆっくり、カンタービレを感じながら歌ってみてはいかがでしょうか・・・

オクターブの跳躍は、胸声で追いかけるのではなく、また・・・響きだけを作為的に追い求めるのではなく、上の響きを感じながら・・・しかし、あくまでもバリトン・バスの歌唱センスの中で歌う事が大切です。音域は少しずつ広げていってください。

1オクターブの跳躍になりますが、実は・・・・低い「ド」とオクターブ上の「胸声息の上のポジションのド」は「紙の裏と表」の様に紙一重の違いしかないのです。喉から声を外せば・・・ほとんど同じ感覚で出せるのです。一オクターブの違いを感じません・・・(難しい表現ですが・・・)

この感覚の延長がアクートです。パッサッジョで云々ではなく、遥か以前からジラーレした・・・声帯で声を受け止めない感覚が大切です。


【K-メソッド】








オクターブ上の跳躍はジラーレ(胸声域の上)のポジションで捉えます
声を歌うのではなく、エスプラッシーヴォを声に乗せる感じです。



この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

> hum*rd*7さん
コメントありがとうございます。コメントの中の「高い音で声が裏がえるとオクターブ上が出ます。不思議ですが、声帯も倍音があるのかなって思っています。」・・・この感覚が大切です。

新規の記事で捕捉させて頂きました。ご参照下さい。

【K-メソッド】

2015/12/30(水) 午後 6:42 [ 【K‐メソッド】アクートの歌唱法 ] 返信する

> 【K‐メソッド】アクートの歌唱法さん
記事読ませていただきました。大事な1日分の記事を使ってまで教えていただいて、嬉しいです。
段階と最終目標に分けていただいたので、一つずつ、何年かかってもクリアしていきたいですm(_ _)m

2015/12/30(水) 午後 10:28 [ hum*rd*7 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事