見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

“The sound is like a ping pong ball froating on a spring of water”

フランコ・コレッリの"Last Words On Singing 2003"からの1節です・・・
 
以前に私がブログでアップした下記の内容とあまりにも似すぎていて驚きでした。



男の子・・・可愛いですね!




結構、すごいです・・・



私が提唱する喉から離れた声の表現です・・・

実際に発声練習の音声ファイルが以下の内容です。要するに喉から外れた声Hは・・・

重力を感じさせないのです・・・ここがポイントです。



跳躍した1オクターブ上の音が喉から外れた声です
女性のベルカント唱法の「頭声」の如く・・・
その延長がオートマチックにアクートへ繋がって行きます



ともすれば金管楽器の高音域の様にアンブッシャーに呼気と唇の緊張がストレスとして生まれる様に感じ勝ちですが・・・

喉から声が外れた「鳴り」は金管楽器の高音域とは明らかに異なります。

これがコレッリの言う・・・

“The sound is like a ping pong ball froating on a spring of water”

つまり「ハーッツ!」と息を通過させているのに響きだけが増幅されてくる感覚です。

先ず、喉声の「呪縛」から離れることから始まります!



【K-メソッド】




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事