見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

知人の声楽家に会うと言われます・・・・

あなたのHPとBlog・・・・「ネタ」ばらし過ぎじゃない・・・・

同業他社(者)も多いのに、かなり太っ腹過ぎない・・・・みたいな感じで。(;^ω^)

確かに、他の発声法サイトでは「アクートとはイタリア語で「鋭い」と言う意味で・・・・云々」等の記述が大半で、アクートの原理からデモンストレーションまで事細かくオープンにしたサイトは国内では知りません。

しかし・・・、私はリリカ(声楽)の素晴らしさと奥深さ、人の声の魅力、そして歌と共にある人生(プロ・アマを問わず)の豊かさ、喜びを伝えたいと思い綴っています。

更に、国内における歌唱法サイトでのアクートに関する間違った認識や誤解に対する警鐘の意味もあります。

勿論、【K-メソッド】のPRも含めてですが・・・ (^^ゞ

話芸の世界に「ネタは盗めど芸は盗めず」という言葉がありますが、リリカも同じく・・・

「喉声歌唱は盗めれど、アクートの歌唱は盗めず」と言えます。

物マネ・歌マネで盗めるのは声色だけです。喉声歌唱とは・・・・声色歌唱だから盗めるのです。

しかし、アクートは盗めません。喉声(胸声)による発声ではないからです。

だから私の生徒さん・・・皆さん、大変そうです。「私がダメ」・・・としか言わないので・・・

<(_ _)>

今は少なくなりましたが・・・昔はプロ野球選手のバッティングフォームを面白おかしく物マネしてくれる芸人さんがいましたが・・・、実際に打てる訳ではありませんよね・・・。

アクートが物まねで盗めないのも同じ理由です。

三人称の物マネ・声マネは喉声でできますが・・・、アクートの歌唱は、一人称の「あなた」が「音楽の暗示の中でそう感じなければ」出来ないのです。

逆に、往年の名歌手たちの音源を聴いてマネするから・・・喉声になってしまうのです。

(注意:これが大きなトラップです!)

もし、聴いて盗めるようであれば・・・・3大テノールのユニットが × 30 組有るはずです。 (?_?)

往年の名歌手たちでさえ、その習得に長い月日をかけたように・・・

タネ明かししてもらっても・・・・おいそれとはいかないのです。

しかしながら、私の生徒の皆さん・・・・確実に変わってきましたよ〜♪

胸の空く「アクート」がアマチュア歌手からも聴ける日は近いはずです。

(*^^)v

P.S

勿論、次世代を担う日本人男性歌手の皆さん、声楽愛好家の皆さ〜ん・・・・大いに盗んで参考にして下さい♪


【K-メソッド】 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事